お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

秋らしさ抜群な女性の髪形5つ

ファナティック

季節によって服装を変えるように、ヘアスタイルも変化を持たせたいですよね。涼しくなっていく時期にピッタリな「秋らしい髪形」って? 女性のみなさんにアンケートで聞いてみました。

■1.カラーはおさえめが◎

・「少しダークな色を入れる」(29歳/生保・損保/営業職)

・「ダークカラー。暗いだけでちがう」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

夏は明るめのヘアカラーにしていた女性も、秋になれば少しトーンダウンさせるのがよいかも知れません。徐々に落ち着いた色味に変わっていく街並みにスッと溶け込むダークカラーが人気のよう。

■2.ボブにチェンジ

・「ミディアムボブ。夏は肩にかかっていると暑苦しいけど秋は似合うので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「少し長めのボブ。夏だと暑苦しいけど秋にはピッタリだと思うので」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

夏は長い髪が肩にかかっているとどうしても暑苦しく感じてしまいますが、涼しくなってきた秋にならピッタリです。長さのある女性らしいミディアムボブは、秋冬にも相性抜群ですね。

■3.ロングはふんわり巻いて

・「アッシュ系のブラウンでロングをふんわり巻いていたのがかわいかった」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ゆるいパーマのロング。冬はパーマのイメージだから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「髪をおろして巻いている髪形。涼しくなったので、首元が温かくなるから」(32歳/金融・証券/専門職)

涼しくなればロングヘアをそのまま垂らしていても暑苦しくありません。ふんわりゆるやかに巻けばあたたかみを感じられるかわいらしい髪形に。首元が寒くならない、という防寒対策としての一面も。

■4.ハーフアップ

・「ハーフアップ。髪が下ろしてあるほうが秋らしい感じがするから」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「ゆるっとしたハーフアップ」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

ヘアアレンジとしては、きっちり全体をまとめるよりもハーフアップにして下ろしたままの部分もつくるほうが秋らしいと人気なようです。首元をオープンにしすぎるとやはり寒々しく見えてしまいますよね。

■5.ヘアアクセサリーも秋らしい風合いのものを

・「ヘアアクセサリーがベロアやツイードだと秋らしさを感じる」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「茶色の色味のヘアアクセサリー」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

髪につけるアクセサリーも、落ち着いた色合いや素材のものを選んで秋らしく。ベロアやツイード素材、ふわふわのファーなどは秋冬にピッタリですよね。

■まとめ

ヘアカラーを暗くしたりミディアムなボブヘアにカットしたりといった大きなイメチェンもよし、カットやカラーはしなくともアレンジで秋らしさを出すもよし。ファッションの秋を楽しむため、ヘアスタイルにもこだわってみましょう。夏のときとはちがう姿に、周囲の男性もドキッとするかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年9月2日~9月6日
調査人数:115人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]