お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

二度と誘わねーよ! 男性に「次はねーわ」と思われるデートの振る舞い10

初デートから次につなげるためには、男性にいい印象を与えるのはもちろん「次はないな」と思わせないようにするのが肝心。そこで社会人男性に、女性とデートをしていて「次はないな」と判断するポイントについて聞いてみました。

■話が盛り上がらないと、次はないなと思う

・「話をしていてとてもめんどくさい人だったりワガママだったり、話していてつまらない人は次回のデートの約束とか連絡のやりとりも含めても、ないなと思ったり連絡頻度が減ると思います」(28歳/情報・IT/営業職)

・「話が合わない。趣味が違うとか。あと話してる途中に携帯やスマホをいじりだす」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「話しかけても反応がなかったり、あまり盛り上がらないとき」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

会話は二人の相性をはかる、大事なものさし。ここが合わないと長く付き合うのがなかなか難しくなりますよね。初デートでは緊張に襲われてつい無言になりがちですが、実はいつも以上にリラックスして楽しむことが初デートを成功させるコツなのかもしれません。

■金銭感覚の違いは決定打になりやすい

・「食事から買い物から完全にお金の価値観が自分と違うなと思うとき。特に相手におごってもらうのが当然のように思って自分からお金を出さないとき」(32歳/情報・IT/技術職)

・「金銭感覚の違い。安いと高いの境界線が違ったら無理かも」(32歳/運輸・倉庫/その他)

・「こちらがお金を出してもお礼を一切言わない女性」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

一定の年齢になると、男性も将来のことを考えて女性と付き合うようになるため「金銭感覚のズレ」が決定打になりやすいよう。これは女性も同じですよね。初デートを次につなげるためには、男性の前で派手に浪費しない方がよさそうです。

■上から目線で人当たりのきつい人

・「当たり前のように遅刻。遅刻するにしても謝罪や、遅刻が確定になってるにも関わらず連絡等できない人。立場上弱くなりやすい店員などに態度がでかいなど」(29歳/その他/技術職)

・「上から目線な態度」(33歳/その他/専門職)

人を大切にする気持ちがあれば、自然と人前では謙虚な姿勢になるもの。逆に上から目線で人を見る人は「物事を自己中心に考える人」だということ、ですよね。上記のような態度を出すと、「次はないな」の決定打にされやすいかもしれません。

■食事マナーがなっていない人

・「箸やスプーンを振り回しながら話に夢中になっている」(24歳/その他/クリエイティブ職)

・「食事マナーが悪い人、他人の悪口を平気で言う人は長続きしないと思う。お互いに早めに見切りをつけるべき」(24歳/自動車関連/技術職)

デートを楽しむためだけでなく、今後生活を共にしていくなら「一緒に食事をしていて楽しいか」も重要なポイント。恋人同士なら一緒に食事する機会は週に何度かでも、結婚したら毎日のことに。ここでゲンナリする相手はさすがにナシ?

今後もずっと付き合っていきたい相手を見つけたら、初デートの次につなげることが何より肝心。いい印象に気を付けるだけでなく、男性から減点対象になりやすいこんな言動にもぜひ注意してみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月11日〜12月14日
調査人数:441人(22歳〜34歳の男性)

お役立ち情報[PR]