お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

好きになりかけたけど「男友だちでいいや!」と思ってしまった男性の特徴・4選

ファナティック

「あの人、ちょっといいな」と思うことがあっても、相手の本質をしらない限りは、それほど本気になることはないかもしれませんね。相手のことをしればしるほど、好きになることもあれば、その逆もあるようです。そこで今回は、好きになりかけたけど「男友だちでいいや!」と思ってしまった男性の特徴について、社会人女性のみなさんに聞いてみました。

■セコイ

・「ケチ。飲みに行っても完全割り勘だったら、彼氏としてはないなと思うから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「ケチな男性。会計がいつも割り勘だった」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「セコイのを知ってしまった。ケチくさいヤツは苦手」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

付き合う前に彼のケチな部分を見てしまうと、気持ちは一気に冷めてしまうかもしれませんね。付き合ってから割り勘を求めるならわかる部分もありますが、付き合う前に求められると、このまま友だちのままでいようと思うのかもしれませんね。

■価値観が合わない

・「結婚後の価値観が自分と異なると感じたとき」(27歳/生保・損保/事務系専門職)
・「価値観が合わない」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「価値観が合わないなって思ったとき」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

育ってきた生活環境によっては、お互いの価値観が全く異なることもありますよね。あまりにもかけ離れすぎていると、やはり付き合うのは厳しいと思えますよね。

■モテる

・「女の扱いがとても上手で、『自分は彼女がいても遊びます』宣言をする人は、苦しみそうだから友だちでとどめます」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「モテる人。追いかけるのが大変そうなので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「女の子の友だちが多い人。いちいちヤキモチを焼いて疲れそう」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

女性からモテる男性だと、いろいろ心配も増えてくるもの。普通の人だと心配しなくて良いことまで、いつも心配していなくてはいけないため、気が休まるときがありませんよね。

■頼りなさそう

・「最初はシャイな感じがよかったのに、しつこく嫉妬深いところが露呈してきた」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「女々しいところがたくさんあること」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「頼りない人だった。彼氏にはリードされたいから友だち止まり」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

相手があまりにも頼りなさそうな人だと、付き合ってから自分が主導権を握らなければならないような気がして、面倒に感じるかもしれませんね。友だち同士なら、どれだけ相手が頼りなくても、自分に害はこないように思えますよね。

■相手にその気がない

「相手が好意を持っていないのが伝わる。接し方が雑」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)、「相手にその気がないのがわかったけど、気が合う相手なら友だちとして考えます」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

あきらかに相手が自分に好意を持っていないことを感じた場合、そのまま友だち付き合いをするか悩んでしまうかもしれませんね。下手に告白をして、気まずい雰囲気を作ってしまうぐらいなら、友だち付き合いを続けたほうがいいと思えそうですよね。

■まとめ

好きになりかけたけど「友だちでいいや!」と思った男性のエピソードについて、さまざまな意見が寄せられました。恋愛のはじまりが友だちから、という男女は多いはず。逆に友だちでいるときのほうが、お互い楽にいろんなことを観察できそうですよね。そのえうで「もっと進みたい!」と思える男性なら、本物なのかもしれません。でも実際にはなかなかそううまくは進まないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月24日~7月19日
調査人数:133人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]