お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

コレされたら、脈アリ確定!? 男子が好きな女子にだけにとる行動4選

ファナティック

男子スマホ異性に対して好意を持ったとき、すぐさまその気持ちを言葉に表す人は少ないですよね。まずは少し好意を匂わせて様子を見ようとする人が多いのではないでしょうか。今回は働く男性のみなさんに好きな女性に対してだけ、みせるという言動について教えてもらいました。

■二人の距離感を縮める言動

・「軽いボディタッチ。あと『かわいい』などのセリフ。本気のやつではなく、軽い褒め言葉のようなものをかけたり」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「スキンシップを多くとる」(26歳/農林・水産/技術職)

どんなにその女性のことが好きでも、はたから見ているだけでは距離が縮まりません。積極的に話しかけたり、スキンシップをとってくるのは大勝負の前に距離感を縮めて土台を作っておきたいからかもしれませんね。

■連絡頻度が多くなる

・「特に内容のない挨拶程度のLINEやメールなど」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「メールのレスポンスをよくする」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

よく男は用事がなければ連絡しないと言われますが、好きな女性が相手の場合に限ってはそうでもないようです。メールなりLINEなりでつながっていること自体がうれしいので、自然とレスポンスも早くなりそうですね。

■積極的にアイコンタクトをとる

・「やたら目線を合わす。どう捉えられるか分からないが相手も気になるはず」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「必要以上に見つめる」(31歳/医療・福祉/専門職)

相手のことが好きだから自然と見てしまうという要素もありますが、意図的に目を合わせるという人も多いようです。自分の気持ちに気付いてもらいたいという気持ちが半分、目が合ったときの反応で相手の気持ちを確かめたい気持ちが半分といったところでしょうか。

■少し見栄を張ってしまう

・「優しくします。お会計ももちろん出します。手伝いたくなります」(30歳/不動産/専門職)

・「その人の前ではいいところを見せようと頑張ります」(33歳/金融・証券/営業職)

好きな人によく思われたいのは誰でも同じ。少々お財布事情が厳しいときでも、好きな女性のためなら出費を惜しまないという意見も。男性の優しさにはこんな裏事情が隠されているかもしれませんね。

■まとめ

身近にいる男性の言動で、思い当たる節はありませんか? もし該当する言動をとる男性がいたら、それはあなたに対して好意を抱いているからかもしれません。勘ちがいしてうぬぼれるのは避けたいところですが、こんな臆測や駆け引きがあることも恋のおもしろさかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数97件(22歳~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]