お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

本命女子を意識しすぎて……。男子が、ついやっちゃう「好き避け」行動10

ファナティック

男子スマホ好きな人にはその気持ちを素直に伝えたいと思うのがホンネ。でも、好きだからこそ、臆病になってしまい、逆にその相手を避けるような行動に出てしまうこともありますよね。今回は、男性たちが思わずやってしまう気になる女性への「好き避け」行動について聞いてみましょう。

■まともに話せない

・「面白いことを言わないと、って思うと何も浮かばなくて黙ってしまうことが多々あります。世間話が苦手で、それ以外の話ができない」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「いつもです。まともに会話できなくなります。これを言ったら相手はどう思うかなど考えてしまいます」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「話す内容を選びすぎるので、会話が途切れてしまうことがある」(38歳/情報・IT/技術職)

・「相手のことが好きになってしまうので、話をするにしても緊張してしまいなかなかうまく話せずに恥ずかしさだけが顔に出てしまう。それで相手からもどうしたの? と言われてしまうとき」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

どんな話をすれば相手に喜んでもらえるのか、話題を選び過ぎた結果まともに話せなくなってしまうという男性も多いようですね。ほかの女性とは普通に話しているのに、自分の前でだけ何故かしどろもどろになってしまう男性がいたら、好意を持ってくれていると期待してもいいのかも。

■素っ気ない態度を取ってしまう

・「気づかれるのがイヤでそっけない態度をとってしまう。恥ずかしい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「あいさつされても返すだけであまり話さない」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自然にしゃべれなくなって、語気が強くなってしまう」(29歳/金融・証券/営業職)

好きだという気持ちに気づかれるのが恥ずかしいと思うあまり、逆に素っ気ない態度を取ってしまったり、その女性にだけ冷たくしてしまったりという男性も。好きな女の子をイジメたくなるという子どもっぽい一面というのは、大人になってもなくならないものなのかもしれませんね。

■目を見られない

・「やはり目を見つめて話すのが恥ずかしくなる」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「あえて見ないとか、逸らすとかしてしまう」(34歳/農林・水産/販売職・サービス系)

・「目が合わせられなくなる」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

人と話すときには自然と目が合うものですが、気になる女性の前では目が合うと照れてしまうので視線が合わせられないという男性もいるみたいです。自信なさげに見えたり、挙動不審に思われたりして損だなと気づいていても目が合うとドキドキしてしまって、話せなくなってしまうのでしょうね。

■まとめ

好きな女性の前で思わず出てしまう「好き避け」行動。気になる人の前でいつも通りに振る舞えないというのは、男性に限ったことではありませんが、ある意味では純情で好感の持てる行動といえるかも。とはいえ、あまりにも避けられると女性としても「嫌われているのかな」と思ってしまいそう。男性には、もう少し勇気を持って堂々とした行動をとってもらったほうが、好意が分かりやすいですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数90件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]