お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

「意外と胸、大きいんだ」男子が女友だちを「オンナ」として意識するようになった瞬間4つ

ファナティック

水着多くの人にとって、異性の友だちは同性の友だちとはちがう特別な存在ですよね。それは何かの拍子に意識してしまうかもしれないという不安にも似た要素があるからではないでしょうか。働く男性が、女友だちを女性として意識してしまうのはどのような瞬間なのでしょう。エピソードもあわせて聞いてみました。

■至近距離になったとき

・「話すときなどにすごく近づいて来られると、女友だちという感覚が変わってきそう」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「スマホを見ているとき、『見せて』と後ろから至近距離でのぞきこまれたとき」(37歳/機械・精密機器/営業職)

距離の近さは想像以上に人の心理に影響を及ぼします。相手の体温や匂いまで感じるほどの至近距離は、友だち関係であれば通常経験することのないもの。友だちらしからぬ距離感にドキドキしてしまう男性も多いようです。

■女性特有のボディラインを認識したとき

・「夏の胸元が大きく開いた服。胸がないと思っていたのに意外にあるのか、と思わせてくれたとき」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分の真正面に立って華奢な肩が目に入ったとき」(27歳/自動車関連/技術職)

男性があらためて「やっぱり女なんだ」と実感する瞬間ですね。男である自分とのちがいを感じたら、イヤでも異性であることを認めざるを得ない状況になります。いったん気になりだしたら、その興味を抑えることは難しいかもしれません。

■二人の信頼関係を実感したとき

・「何か深刻な相談事を受けたとき。信頼されている気がして、一気に距離が縮まった感じがする」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「落ち込んでいるときに励まされたとき」(36歳/建設・土木/技術職)

異性の友情にはどこか踏み込めない一線があるもの。それが完全に取り払われる瞬間が、相手への信頼感を態度で示したときです。これまでにないほど相手に近づいた感覚を覚えてくれるようですね。

■意外な一面を見たとき

・「いつもと雰囲気のちがう服を着ているのを見たとき」(33歳/学校・教育関連/専門職)

・「普段見せない悲しい表情を見せたとき」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

誰にでも、友だちに見せている顔と異性に見せている顔があります。普段は友だちに見せている顔だったのに、なんだかいつもとちがう。そんな変化は、男性にとって新たな女友だちの魅力を見つけるきっかけになるかもしれませんね。

■まとめ

友だちから交際に発展し、なかには結婚するケースも意外に多いと聞きます。それほど友情と恋心や愛情は紙一重ということなのでしょう。世の中に「絶対」は存在しません。異性の友だちとは何があるか分からないことを忘れてはいけませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数107件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]