お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

お泊まりデートの朝、彼女が作ってくれたらうれしい朝食のメニュー・3選

ファナティック

彼女の部屋や自分の部屋で迎えたお泊まりデートの翌朝。起きたらおいしそうな匂いが漂ってきて朝食が準備されているというのは男性にとってもかなり幸せな瞬間のようです。今回は、お泊まりデートの朝に彼女が作ってくれたらうれしいと思う朝食メニューについて男性たちに聞いてみましょう。

■手間のかかる和食

・「和食。以前、話したことを覚えていてくれたことがうれしかったし、おいしかった」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「みそ汁と目玉焼き、ご飯。できたてでとてもおいしかった」(37歳/金融・証券/営業職)

・「和食。少し手間がかかる和食を、朝早く起きて作ってくれることがうれしいため」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

家庭の味を思わせる和食メニューが食卓に並んでいるとうれしくなるという男性も多いようですね。手間がかかる和食を自分のために早起きして作ってくれる彼女の気持ちが男性にとっては感激もの。結婚したらこんな風に朝を迎えられるのかと彼に結婚を意識させるきっかけにもなりそうですね。

■シンプルな洋食

・「目玉焼き、ベーコン、パン。普通のものでいい」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「ベーコンエッグ。ドラマとかでよく見るからちょっとあこがれるので」(36歳/情報・IT/技術職)

・「パンと目玉焼き。普通であれば普通であるほどいい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

それほど手は込んでいないけれど食べ慣れているパンや卵料理などの洋風の朝食というのも、男性には喜ばれるようです。手早くサッと作ってくれて、それを一緒のテーブルで食べられるというだけでも男性にとっては幸せを実感できる瞬間なのかもしれませんね。

■彼女が作ってくれるだけで何でもうれしい

・「何でも喜びます。作ってくれるだけで感謝する」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「作ってくれたら何でもうれしい」(36歳/金融・証券/営業職)

・「自分がいつもご飯を作ります」(26歳/学校・教育関連/その他)

どんな朝食メニューでも彼女が作ってくれるというだけでありがたいという男性もいるようです。いつもは、自分で準備しないといけない朝食が、起きたときにでき上がっているだけでうれしいのかも。こんなに喜んでくれるなら、彼のためにがんばって朝食を準備したくなるという女性も多そうです。

■まとめ

家庭的な和食やごく普通の洋食など、朝食だけにそれほど凝ったメニューは必要ないし、彼女の手作りの朝食が食べられるというだけでうれしいという男性は多そう。ただ「朝食は作らなくていいと思います」(28歳/商社・卸/営業職)、「自分で作るので勝手なことをしないで」(26歳/学校・教育関連/専門職)という男性もいるように、勝手に朝食を作ることを不快に思う男性も。特に彼の家にお邪魔したときには、キッチンに入る前に彼のOKをもらっておいたほうが無難かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月24日~7月19日
調査人数:107人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]