お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

トレンド メイク

【夏メイク】涼しげな色っぽフェイスに……この夏はふんわり青みピンクメイクに注目!

前田有希子

最近、ヘアスタイルやメイクがマンネリ気味で気分が上がらない! そもそも、自分に似合うメイクがわからない! そんなお悩みはありませんか? 簡単テクニックでかわいくなれるメイク術に定評のある、人気メイクアップアーティスト・田村俊人さんが、いつものヘアスタイルやメイクをワンランクアップさせるアイデアを紹介。働く女子必見のテクニックが満載です!

 花火大会に夏祭り、BBQなど、イベントに行く機会が増えるこのシーズン。「せっかくのイベントだし普段のメイクとはイメージを変えたい……」という人も多いのでは……!?  そこで今回は、蒸し暑い夏でも涼しげな色っぽフェイスを叶えるブルーピンクメイクをレクチャー! まるで赤ちゃんのようなナチュラルな肌感で視線を集めて!

ふわっと色づいたような透明感のある目元をポイントにしたメイク。一重まぶたの人は、ブラウンのアイライナーでラインを引くことで目元の印象がアップします。

■夏のBLUEメイク

HOW TO

1. Dのアイシャドウを上まぶた全体に広げる
目尻から目頭に向かって一方通行にブラシを使ってブルーピンクのシャドウをのせる。まゆ下まで広めに入れてOK!

 

2.下まぶたにFのアイシャドウを目頭から軽くのせる
目頭から目尻に向かってブラシで偏光ピンクのシャドウをさっとのせる。下まぶたにヌケをつくることでおしゃれな雰囲気に仕上がる。

 

3.上下のまつ毛にマスカラを塗る
ビューラーで軽くカールをつけたら、ブラウンのマスカラをさっと塗る。ボリュームを出すと古い印象のメイクになってしまうので、重ね塗りはNG。

 

4.Bのピンクチークをほほの外側に向かって入れる
薄めのピンクチークをほほの中央からこめかみに向かってさっと入れる。縦長にのせることで、甘い印象になりすぎないのでおすすめ。分な油分をオフする。

 

5.Aのリップグロスをたっぷりのせる
リップクリームでケアした後、ブルーピンクのグロスを唇の真ん中を中心にのせてぷっくりリップをつくる。クリアに近いナチュラルな発色なのでたっぷりのせてOK!

After

 夏のピンクメイクはベースメイクは軽めに仕上げるのがポイント。肌をつくりこみすぎると重い印象に見えてしまうので注意して!

使用アイテム

 

A 濃密なジェルがぷるんとした立体的な唇をつくるみずみずしい質感のリップグロス。RMK リップジェリーグロス 03 ¥2200/RMK Division

B 超微粒子のパウダーなので、ソフトで肌馴染みが良い使用感が特徴。涼やかな印象の青みピンクが印象的。NARS ブラッシュ #4034 ¥3000/ナーズ ジャパン

C 鮮やかなイエローが目を惹くネイルカラー。発色の良さと爪にやさしいつけ心地が魅力。THREE ネイルポリッシュ 34 ¥1800/THREE

D ナチュラルに色づく、青みピンクのアイカラー。エレガンス クルーズ ファインカラー N08 ¥1800/エレガンス コスメティックス

E 天然植物エキス配合で、使うたびにまつ毛にハリを出してくれるの優秀フィルムマスカラ。これからの季節には嬉しいウォータープルーフタイプ。 THREE ルシャスディフィニション マスカラ 02 ¥3800/THREE

F 自然に色づき、目元に程よく明るさをプラスする偏光ピンクのアイカラー。透明感のある目元に仕上がる。NARS デュアルインテンシティーアイシャドウ #1928 ¥3000/ナーズ ジャパン

 (取材・文:前田有希子、撮影:宇高尚弘/HEADS、ヘア&メイク:田村俊人/DIMPLY)

 

 

お役立ち情報[PR]