お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

あれ、こんなイイ男だったっけ? 男友だちが突然オトコに見えてドキドキする理由4つ!

ファナティック

あなたにとって、男友だちは永遠に友だちでしょうか。それとも、いつか何かのタイミングで男性として意識するときがやってくる存在でしょうか。社会人の女性が、それまで恋愛対象ではなかった男友だちに、あるとき突然オトコを感じてしまうのはどのような瞬間なのでしょう。

Q.今までに、ただの男友だちが突然オトコに見えてドキドキしてしまったことはありますか?

ある……11.9%
ない……88.1%

少数ではありますが、男友だちをオトコとして意識した経験がある女性もいるようです。その男性のどのようなところを見てオトコを感じたのか聞いてみました。

■接し方に魅力を感じたとき

・「突然肩を引き寄せて、車から守ってくれたとき」(23歳/金融・証券/事務系専門職)
・「単純に重い荷物を持ってくれたときやお年寄りに優しく接しているのを見たとき」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

自分でも他人でも、誰に対しても優しい態度で接する男性は素敵ですよね。ともすれば「いいやつ」で終わってしまいそうな人柄の良さも、実際に自分が優しくされたり、他人に優しくしている姿を見ると、ときめいてしまうという女性も多いようです。

■男らしい体つきを見たとき

・「着替えなどで上半身裸やそれに近い状態になってるのを見たとき、男性の厚い胸板を見るといくら友だちでもドキドキしちゃう」(35歳/小売店/販売職・サービス系)
・「一緒にプールに行ったときに。腹筋が割れているのを見て」(27歳/建設・土木/技術職)

海やプール、イベント時の着替えなど、意外に男友だちの体を見る機会は多いもの。服を着ていたときには感じることのない男らしさに思わずドキドキしてしまうこともありますよね。「やっぱりオトコなんだ」と実感する瞬間でもあります。

■知っている姿とはちがう一面を見たとき

・「学生時代からの男友達を街で見かけたとき。いつもとちがうビシっとしたスーツ姿だったのでちょっとドキッとした」(25歳/食品・飲料/専門職)
・「仕事ですごいセンスがあるところを見て」(33歳/その他/クリエイティブ職)

ふざけ合ったり、騒いだりする友だちであればなおさら、真剣に仕事に取り組む姿はなかなか見る機会がありません。いつもカジュアルな服装が多い男友だちのスーツ姿はかなりのインパクト。普段とのギャップにドキドキせずにはいられませんね。

■一歩引いて彼を見てみたとき

・「車の駐車がうますぎてドキドキしちゃう」(26歳/小売店/販売職・サービス系)
・「飲み会のときに、第三者的に見て、かっこいいと思えたから」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

直接接していると気づかないことでも、一歩引いて見ることで気づくこともありますよね。今まで自分が知らなかった男友だちの一面を見るたびに、切ない気分になる人も多いのではないでしょうか。

■まとめ

男友だちは気心が知れているだけになかなか恋愛に発展するきっかけがつかめないもの。もしかすると、本当は魅力を感じているのに自分を抑えている場合もあるかもしれません。男友だちは自分を理解してくれている異性であると同時に、いつ関係が変化するともわからない存在なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数160件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]