お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ねぇ、時間返してよ!? 男性とサシ会っている時間がムダだと思った経験・4選

ファナティック

気になる男性からお誘いを受けると、もしかして何か進展があるかも?と期待してしまうものですよね。でも実際にデートに行ってみて、思いのほか、つまらないこともあるようです。そこで今回は、「時間返してよ」と思うくらい、男性とサシ会っている時間がムダだと思った経験について、社会人女性にお話を聞いてみました。

■自分の話しかしない

・「自分の話しかせず、相手の話を聞かない人。モラハラっぽいしイライラしてしまう」(33歳/不動産/専門職)

・「自分の話ばかりで思いやりがない」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「相手が自分の話ばかりつまらなかったとき。『何で自分がここにいるのだろう』と思うくらいつまらなかった」(33歳/その他/クリエイティブ職)

いくら気になる相手としても、デート中、ずっと自分の会話ばかりされると、だんだん苦痛に変わってきますよね。会話のキャッチボールができない人だと、会社でのコミュニケーションもどのようにしているのか気になりますよね。

■会話がない

・「一緒にいても、まったく会話をしなかったとき。緊張していたのかもしれないが、会話もなく黙々としているのがつらかった」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「会話がなく、まったく楽しくないデートをしたときにそう思った」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「会話がない。つまらない」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

自分からデートに誘っておきながら、会話をほとんどしない相手にも困るもの。楽しいのかつまらないのかもわからず、ただ無言で過ごすのは時間のムダに感じますよね。

■自慢話ばかり

・「自分の盛りすぎた自慢話を永遠に聞かされ、逃げ出せなかったときは『時間返せ』と思いました」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「『相談がある』といって呼び出されたのに、延々と自慢話を聞かされたこと」(32歳/自動車関連/技術職)

・「自慢話ばかりのタイプ」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

話題がすべて自分の自慢話ばかりだと、さすがに聞いているほうもウンザリしてくるものですよね。どれだけ自分のことが好きなの?と、聞きたくなってしまいそうです。

■セコい

・「割り勘、もしくはこちらに多めに出させるタイプの男。お金と時間の無駄」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「向こうから誘ってきたくせに、完全割り勘。割り勘なんてありえないので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「話がつまらないわりにお金も払ってくれない」(33歳/不動産/事務系専門職)

付き合っているならまだしも、付き合う前の段階ならば、やはりデート代は男性に多めに支払ってほしいですよね。誘われてデートに行ったのであれば、なおさらそう思うのかもしれません。

■まとめ

最初のうちのデートは、相手と付き合えるかどうかを見極める、大事なポイントとなりますよね。「会話がつまらなくて、一緒に話していた時間がもったいなく感じる」(28歳/ソフトウェア/技術職)、「話がとてもつまらなかった」(27歳/その他/専門職)というように、最初からつまらないと感じてしまうと、それ以降の進展は期待できないもの。むしろ最初ぐらいがんばってほしいと思ってしまいそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月29日~7月4日
調査人数:174人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]