お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

思わずドキっ! 男友だちに「男」を感じた瞬間12 「もしも……と妄想する」ほか

ファナティック

今までまったく恋愛対象として見ていなかった、異性として意識していなかった男友だちに、いきなりキュンとしてしまった経験がある人、きっといると思います。それまで、まったく意識していなかったからこそ、不意打ちのときめきにびっくりするものですよね。中には、そのまま恋に落ちてしまった人もいるのではないでしょうか? そこで今回は働く女性たちに、男友だちに「男」を感じた瞬間について聞いてみました!

■私が落ち込んでいるときに……

・「自分の話を親身になって聞いてくれたとき。女子のアドバイスよりも的確だったとき」(27歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

・「相談に親身にのってくれたり、真剣に聞いてくれたとき」(27歳/小売店/販売職・サービス系)

・「落ち込んでいるときに優しくアドバイスしてくれたとき」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「具体的なアドバイスを男性の目線でしてくれるとき」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

自分がヘコんでいるとき、優しく、親身になって相談に乗ってくれたら、ありがたさと一緒に、頼りがいや包容力まで感じてしまいそう。ときめいてしまうのも当然ですよね。

■なんとなくいい雰囲気に……

・「2人きりになって、なんとなく雰囲気がいい感じのとき。今まで男として見ていなくても、もしかしたら……という気持ちになる」(28歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「2人きりになったときに優しく接してくれたとき。急にドキドキして意識してしまう」(31歳/情報・IT/技術職)

・「飲んでいて無言になったとき。もしも……と妄想する」(29歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

・「二人っきりで飲んでるときなど、ちょっと男を感じてしまう」(31歳/金融・証券/事務系専門職)

女性はムードに敏感、なんて話も聞きますが、いい雰囲気になったら、それがいくら意識していなかった相手でも、意識せざるを得ません。もしかしたら、相手は狙ってその雰囲気を作り出したのかも……?

■男らしい!

・「重い物を運んでくれたり、パソコン関連の話に詳しいとき」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「自分より力が強いなど男の部分をみたとき」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「力仕事をしたり、堂々としている様子など、男らしさを見たとき」(29歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分のことを守ってくれたときです」(27歳/運輸・倉庫/営業職)

同性と同じように接していたのに、いきなり性別の違いを感じさせる行動に出られると、つい、どぎまぎしてしまいそうですね。

■まとめ

今までどんなに意識していなかったとしても、「男」を感じたということは、その人は恋のお相手になる可能性がある、ということ。「友だちに恋なんて……」などと思わずに、こういう恋のチャンスも積極的につかんでいきたいですね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数131件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]