お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もはや公害っ! アラサー女子の「痛いファッション」5選

ファナティック

ファッションは個人の自由、いくつになっても自分の好きな服を着ていたいですよね。ですが周囲の目を考えると、年齢によって着られる服というものは限られてくるのかも……。そこで今回は、アラサー女性がやっていると痛いと思うファッションはどのようなものか、女性のみなさんの意見を聞いてみました。

■ミニスカ

・「過度なミニスカ。脚を出しすぎるのはよくないと思うから」(29歳/電力・ガス・石油/秘書・アシスタント職)

・「ミニスカート。ちょっと太ももがちがう意味で気になりはじめるころだと思うから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「ミニスカに生足。肌の質が落ちるのに、生足を出すのは痛いと思うから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

ミニスカートはNGという意見が一番多く見られました。また、たとえ美脚であっても、ある程度の年齢になると痛いという理由から、脚の露出は避けたほうがいいのでは、という声も。

■露出が多い服

・「ホットパンツ。露出が多いからです」(28歳/その他/その他)

・「ヘソ出しルックとか。さすがにちょっと……と思う」(32歳/学校・教育関連/技術職)

・「露出が多いファッション。年齢を考えて落ち着きのある格好をしたほうがいいから」(28歳/ソフトウェア/技術職)

ミニスカート同様に、ショートパンツや今年流行のオフショルなど、露出の多い服装も痛いという声が。年齢にふさわしい落ち着いた服装のほうが、逆に色気があるかもしれませんよ。

■フリフリ

・「フリフリの服。かわいすぎるから」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ひらひらのミニスカート。子どもっぽいから」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「フリルスカート。ふんわり感はキツイから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

リボンやレースが多く使われているようなフリフリの服装は痛い、という意見も多く見られました。アラサーならかわいらしさよりも大人っぽさを演出したほうが……と考えるようです。

■ロリータ系

・「ロリータ系。10代までだと思います」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「ロリ系のブリブリしたファッション」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

同様にロリータ系のファッションもナシだという意見多数。ロリータテイストのファッションは、たしかに若い内しか許されないファッションかもしれませんね。

■派手な色の服

・「ピンクづくし」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「派手なピンク色」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「ピンクなどカラフルな柄物の洋服。子どもが着ていそうなイメージ」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

あまりにビビッドな色の組み合わせの服や、奇抜な色は子どもっぽい印象を受けるためNGという意見も。淡いピンクなどはいいですが、派手なピンクは特にそう感じさせるようです。

<まとめ>

一方で、その人に似合っていればどのような格好でもOKという意見も少なくありませんでした。実際の年齢よりも見た目の年齢を重視する人は多いようです。他人からの印象も大事ですが、自分の好きなものを好きなように着るという気持ちも大切なのでしょう。しかし、TPOを考えたファッションを心がけることは大切ですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月17日~2016年6月21日
調査人数:106人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]