お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

直視できない!! 女子が見た「不倫の修羅場」8選 「奥さんが●●を持って押しかけてきた」ほか

ファナティック

本人たちは真剣でも、周囲から見ると何かと暗いイメージがつきまとう不倫の恋。問題がある恋愛なだけにトラブルが勃発することも多々あるのが現実です。社会人の女性に、不倫の修羅場を見聞きした経験を聞いてみました。

■職場への乗り込みで同僚もびっくり

・「職場に奥さんが乗り込んできて相手を出せと大騒ぎに。逆パターンもあったな。バレる不倫が多すぎる」(34歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「自分が入る前の職場に、社内不倫していた人の奥さんが怒鳴り込んできたらしい。不倫相手の女性は『体だけの関係です。そんなに怒るならもう会いません』と言い切ったそうです」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

社内の誰かが不倫していると、こういう事態に巻き込まれてしまうこともあるようです。自分とは関係のない不倫騒動で仕事を中断させられる人にとっては迷惑な話ですね。

■パートナーの不倫を知ってしまったら……

・「友人が近所に住む男性と不倫をして、いつもより早く帰宅してきた旦那に見つかり離婚」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

・「友達の家に不倫相手の奥さんが包丁を持って押しかけてきた」(29歳/学校・教育関連/専門職)

パートナーの不倫を知っても平常心でいられる人はいないでしょう。普段は温厚な人でも、どんな行動に出るかわからないのが不倫の怖さ。不倫はさまざまな犠牲を生む可能性があることを忘れてはいけませんね。

■絶対避けたい三者面談

・「自分の家で不倫していて、彼が急きょ帰宅し鉢合わせに。3人でその場で話し合いになったと聞いた」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「友達が不倫をしていて、奥さんに呼び出されて3人で話し合いをしていた」(31歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

三者が何かの拍子に鉢合わせしてしまうこともあります。こんな三者面談は避けたいところですが、大人としてやってしまったことの責任は取らなければなりません。不倫するにも相当の覚悟が必要ですね。

■不倫の行く末

・「単身赴任中の旦那さんにアプローチして不倫関係に持ち込み、奥さんにチクって最終的に離婚まで持ち込んだ女の先輩がいる」(32歳/自動車関連/技術職)

・「友達が離婚協議中に不倫し、その相手の子供を妊娠中絶して、それがバレてもともといた子供の親権をとられていました」(30歳/医療・福祉/事務系専門職)

不倫は多くの人の幸せを奪う可能性があります。相手が離婚してうまく結婚までこぎつけたとしても、多額の慰謝料が発生したり、場合によっては子どもの未来を奪ってしまうことも……。不倫の行く末に幸せな結末は待っていないのが現実のようです。

■まとめ

不倫にともなうリスクは想像以上。修羅場で済めばいいのですが、命の危険にさらされたり、関係のない人まで巻き込んでしまうこともあります。もしこんな修羅場に遭遇したら、見ないふりをしてこっそり逃げるのが賢明かもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数女性167件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]