お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

女子のホンネ! 結婚は恋愛の延長線上? それとも別?⇒64.3%が……

ファナティック

できるなら世界中で一番好きだと思える人と、恋愛結婚したいもの。ただ年齢的なタイムリミットが近づいてくると、ぜいたく言ってられないような気も。そこで働く女性に、「結婚は恋愛の延長線上にあるもの」だと思うか聞いてみました。

Q.女性に質問です。結婚は恋愛の延長線上にあると思いますか?

はい……64.3%
いいえ……35.7%

今回のアンケートでは、なんと6割以上の女性が「結婚は恋愛の延長線上にある」という回答。やっぱり結婚は恋愛ありきで考えた方が間違いない? どうしてそう思うのか、理由を聞いてみましょう。

■好きな人とじゃないと、最終的に後悔しそう

・「結局は好きな人でないとなんで結婚したんだろう、と思いそう」(29歳/機械・精密機器/営業職)

・「好きな人とじゃないと、ずっと一緒に過ごすのが苦痛だから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「結局は相手への愛情がなくなったら不満も大きくなり結婚生活が破綻していくんだろうと思うから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

結婚生活という長い月日を考えると、好きでもない人と結婚するのは「リスクが高い」と考える女性も。恋愛結婚ですら結婚した後に「なぜこの人を好きに!?」と考えることが多いのに、そうでないパターンで結婚した場合、確かに後が心配ですよね……。

■恋愛してからだと失敗が少ない

・「恋愛しないで結婚したら相手のことがわからないで離婚しそう」(34歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「恋愛期間を経て、相手のパーソナリティーがわかるので」(24歳/その他/事務系専門職)

・「お互いをわかり合ってから結婚することで、失敗を防げる」(37歳/医療・福祉/専門職)

また恋愛してから結婚したほうが、相手のことを知る機会が多いため、失敗を防げると考える女性が多いよう。相手がどんな人か、どんなことで怒るのか、あらかじめわかっていた方が結婚後に絶望することが少ないかも?

■恋愛で結婚相手を選ぶと、後悔する?

・「恋愛はやはり楽しめるもの、結婚は長く付き合っていける人でないといけないので慎重に選ばなければいけないのかと思っている」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「恋愛と結婚は理想と現実のように違うと思う」(29歳/建設・土木/技術職)

一方、恋愛ありきで結婚相手を選んでしまうと後悔してしまいそうという女性も。理想にとらわれすぎて現実がうまく見えていないと、結婚しちゃいけない人とゴールインしてしまう場合も。恋愛にはまりやすい女性は気をつけた方がいい?

■結婚は法律がからんでくる契約だから

・「恋愛の延長にある人もいれば、結婚という契約という概念の人もいる」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚は法律が絡んでくる」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

また結婚は恋愛のように「さよなら」の言葉だけでは別れられず、相手や家族に何か起こればそのまま背負い込む羽目になる、法律がからんでくる契約。そのため好きだけで結婚してしまうのは危険という女性もいました。

恋愛と結婚とは別物ではありますが、まったくもって「違うもの」とは割り切れず。いろいろ意見はありつつも、恋愛の延長線上にあった方が、うまくいくと考える女性が多いようです。ひとまず「結婚してもいい」と思える異性選びから始めるのが、間違いなさそう?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数182件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]