お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ボディケア

○○を見せる……! 女子が色気を出すためにやっていること4選

ファナティック

直接目には見えない不思議な魅力、色気。これがあると魅力的な女性になれそうですよね。でもどうすればいいのでしょう。普段の生活で、色気を出すためにやっていることには何がありますか? 女性のみなさんに教えてもらいました。

【色気、あふれ出てる? 「おフェロ女子度」診断】

■香りをまとう!

・「いい香りのするものを身につける」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「香水をつける」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

・「香水をつけるようにしている」(33歳/その他/事務系専門職)

目には見えない色気のもとといえば、やはり香り。いい匂いのする女性からはフェロモンが漂っていそうですよね。香水や柔軟剤、香り付きのコスメなどで演出してみるのもよさそうです。

■脚を見せる!

・「いつもちゃんとした格好をする。黒い薄いストッキングをはく」(25歳/自動車関連/事務系専門職)

・「脚に適度な筋肉をつけてスカートが似合う脚にしている」(27歳/金融・証券/営業職)

・「脚を見せる服装」(25歳/学校・教育関連/事務系専門職)

長さや細さは大切ですが、脚についた適度な筋肉も脚線美をつくる要素になります。ステキな脚で大人の魅力を振りまきたいですね。

■言葉づかいを変える!

・「男言葉や『~じゃね?』や、『はあ?』といった言葉を使わないようにしている」(28歳/建設・土木/技術職)

・「あまりしゃべらない。多少けだるげな雰囲気を出す」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「できるだけゆっくり話すこと」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

品のよさは言葉づかいに出ますよね。普段使う言葉から若者言葉をなくし話す速度を落とせば、グッと大人びた印象に。こんなところでも色気を出せるようですね。

■髪をキレイにする!

・「髪や肌をキレイにするように心がけている」(31歳/金融・証券/専門職)

・「髪の毛を清潔にする」(35歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「髪の毛を巻いて、首元の鎖骨が出やすい服を着ている」(24歳/金融・証券/営業職)

髪がキレイな女性は美しいですね。シャンプーのいい香りは男性も好むところです。忙しくても髪の手入れをきちんとするようにしていれば、魅力が引き立ちそうですよね。

■まとめ

色気とは何か、説明しづらいですよね。ですがご紹介したみなさんの行動を見ていると、色気とは何かがなんとなくつかめてきたのではないでしょうか。ぜひ日常に色気を意識した行動を取り入れて、ワンランク上の女性を目指してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年6月にWebアンケート。有効回答数158件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]