お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

彼と結婚したい女子必見! 男性が「そろそろ結婚したい」と思うとき6つ!

ファナティック

恋人がいる人の中には、「そろそろ結婚したいんだけど、彼がなかなかその気になってくれない!」なんて悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。できれば自然に、彼にも「その気」になってほしいですよね。そこで気になるのが、「男性はいったい、どんな瞬間に結婚したいと思うのか」ということ。男性のみなさんの本音を聞きました。

■確かな予感

・「一緒にいたいと思うのと同時に、やっていけそうだと思ったとき」(37歳/その他/その他)
・「この人と一生一緒にいたいなぁ~って思ったとき」(34歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「自分の発言で笑ってくれたり同じ価値観を感じたとき」(33歳/医療・福祉/専門職)

具体的に結婚を考えられる相手が身近にいて、「この人なら大丈夫!」と前向きな確信を抱けたときに、結婚への思いが強まる男性が多いようです。どうかそこで足踏みせず、勢いのままプロポーズしていただきたいものです!

■寂しいとき

・「一人で食事をしているときに寂しく感じて結婚したいと思います」(38歳/その他/その他)
・「病気になって死にかけたとき、このまま一人で死ぬのかと思ったとき」(34歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

こちらは、少々ネガティブな感情が「結婚したい」気持ちにつながるパターン。一人でだって、幸せに生きていくことはもちろん可能! しかし自分の中に「もしも誰かがいてくれたら……」という気持ちが生まれたら、それが結婚のタイミングかもしれません。

■自信が身についたとき

・「社会人として自立した生活ができるようになったとき」(37歳/医療・福祉/専門職)
・「お金がたまり、仕事に自信がついたときです」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

愛情がなければ「結婚」を維持することは不可能。しかし一方で、愛情だけでも継続できないのが「生活」です。経済的な基盤がしっかりすることも、男性的には重要なポイント。しっかり支えてあげたいですね!

■焦り

・「同級生とかが結婚して、子どもができ、幸せそうに感じたとき」(33歳/自動車関連/その他)

アラサー世代は、周囲でも結婚・妊娠・出産などの話題で華やかな時期! 焦るつもりはなくても、つい「自分だったら」と考えてしまうのは、男女共通だと言えそうです。

■リアルすぎる不安

・「親が還暦を過ぎ、介護保険1号被保険者になって弱くなっていく姿を見たとき、安心させてあげたいと感じる」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

若い時期には、どこか「人ごと」だった不安も、30代を迎えると徐々に現実のものに……。一人で不安を抱え続けるのは、想像以上に大変なこと。誰かと支え合いたい気持ちも強まるのかもしれませんね。

■ラスト・チャンス

・「相手に最後通告されたとき……やむなく結婚へ」(35歳/金融・証券/専門職)

こんな赤裸々な意見もありました。「できれば結婚は後回しに……」というのが、男性の本音!? もしも彼氏がこんなタイプなら、積極的に「追い込む」姿勢も必要なのかもしれませんね。

■まとめ

相手に「運命」を感じたとき、そして自分の「状況」が整ったとき、男性の気持ちは動きやすいと言えるでしょう。要はタイミングこそが重要!というわけですが、彼女としてはチャンスを見逃したくはないところ。彼の気持ちに敏感になって、「結婚」への気配を察知してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数192件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]