お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヤッベ、めっちゃ興奮する!? 男性は下着ショップへ彼女に同伴するのはアリ?⇒約〇割以上がアリ!

ファナティック

女子の間でも意見が分かれるのが、「下着ショップの男性」問題です。大好きなカレと一緒に下着を選べば、確かに気分も盛り上がるもの! しかしその一方で、周囲の目線が気になるのも事実ですよね。今回はちょっと視点を変えて、男性側の意見を調査してみました。恋人と一緒に女性の下着ショップに行くのはあり? それともなし? カレの本音を紹介します。

Q.恋人と一緒に下着屋に行くのはありですか?

「あり」……50.5%
「なし」……49.5%

男性意見もきれいに分かれる結果となりました。それぞれの理由もチェックしてみましょう。

<「あり」派の男性の意見>

■普通です

・「普通の服屋と同じ感覚だから問題なし」(34歳/情報・IT/営業職)
・「誰しも普通に必要な物だから、あまり深く考えない。むしろ一緒に行ってもらえると、信頼のもとお互いに色んな部分を隠さないでいるようで安心する。ただ、この歳になって、女性の下着売り場に行くのは、さすがに少し恥ずかしくなってきた」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

女性の下着とはいえ、店頭に並んでいるのはあくまでも「売り物」。「普通の洋服と何がちがうの?」という意見が目立ちました。ここまで堂々としていれば、不審がられることもなさそうですね。

■興味津々

・「何の躊躇もなくむしろ興味津々です。一緒に選びます」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「彼女の好みを知りたいし、派手すぎる下着は着けてほしくないから」(36歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)
・「エロい下着を選んで着せたいから」(27歳/運輸・倉庫/その他)

「恋人の下着選びに、むしろ積極的にかかわりたい!」という意見も。どんな下着を身につけているのかで、2人の雰囲気が変わることだってあります。「購入前に一言伝えられれば……」なんて思っている男性も、意外と多いのかもしれませんよ。

■工夫

・「毎回同伴はキツイが、マンネリ解消のためだったり」(34歳/自動車関連/その他)

恋人の下着を一緒に選び、ちょっと冒険することは、2人にとっていい刺激になるのかもしれませんね。恋人の姿を想像すると、かなり気分も盛り上がりそうです。

次に「なし」派意見も紹介します。

<「なし」派の男性の意見>

■恥!

・「女性のみの空間で、その中に入って行くことが恥ずかしくてできないから」(31歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)
・「どこに目を向けていいか困る。またこれがいいんじゃないと手に取れない」(30歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「普通に場違い感がすごいから無理」(36歳/運輸・倉庫/その他)
・「自分のわいせつさを露呈してしまうかもしれないから」(38歳/医療・福祉/事務系専門職)

「なし」派意見で圧倒的に多かったのが、「恥ずかしい!」という意見です。抵抗がある男性にとって、それは理屈ではありません。挙動不審になる様子を想像するだけで、耐えがたいものがあるのでしょう。

■周囲への気遣いも

・「行ってもいいし、むしろ行きたい、一緒に選びたいけど、他の女性客が嫌がるだろうから、行かないのが暗黙のルール」(33歳/運輸・倉庫/その他)
・「下着屋さんに男が入ると、ほかの女性のお客さまに嫌な思いをさせてしまうから」(37歳/医療・福祉/専門職)

一緒に下着を選んでいる恋人同士は、確かにイチャイチャ幸せそう! しかし、そんな2人を周囲の人がどう見ているのか……。冷静に分析し、いたたまれない気分になる男性も少なくないようです。

■まとめ

カレを下着ショップに誘ったとき、「OK」と言ってくれる男性はほぼ半数!という結果になりました。「無理!」という男性には、無理強いしないほうが良さそうですね。カレの意思を尊重してあげたほうがいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数192件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]