お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 スキンケア

皮膚科医に聞く! 肌への負担を減らす「ムダ毛の自己処理」のコツ

石部千晶/六識

日に日に暑さが増していくこの時期。露出が増えると気になるのが、やっぱりムダ毛。でも自分で処理すると、剃り残しがあったり、肌が荒れてしまったり、ポツポツとした跡が残ってしまったり……。なにかと悩みは尽きませんよね。そこで、働く女性のみなさんに「ムダ毛処理」に関する悩みのアンケート調査を実地。また、「ムダ毛の自己処理のポイント」について、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生に教えてもらいました。

Q.「ムダ毛処理」にまつわる悩みはありますか?

※マイナビウーマン調べ。調査日時:2016年5月16日~23日、調査人数:106人(22歳~34歳の働く女性)

まず、ムダ毛処理の悩みがあるかどうか聞いてみたところ、ほぼ半々という結果に。悩みといっても、内容は人によってさまざまのよう。そこで、具体的な悩みを聞いてみました。

<具体的な「ムダ毛処理」の悩みって?>

■カミソリで処理すると肌がポツポツに……

・「毛を剃ったあとに毛穴が目立つ」(30歳/情報・IT/その他)
・「足の毛が濃くて、剃ってもポツポツする」(34歳/その他/営業職)

カミソリを使用したあとの、ポツポツとした跡が気になるという意見。せっかく処理をしたのに、ポツポツが目立ってしまって、結局露出できない! なんてこともありそうです。

■カミソリ負けして、肌がボロボロ

・「肌が弱いので、カミソリで剃ると荒れる」(32歳/食品・飲料/技術職)
・「肌荒れがひどい」(30歳/金融・証券/営業職)

カミソリ処理で、肌がザラザラになったり、赤くなってしまうなど、肌荒れをしてしまうという声も。

■気がついたら黒ずんでいた……

・「自己処理しているとワキが黒ずむ」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)
・「毛穴の黒ずみや、剃り残しが気になる」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

黒ずみに悩んでいる人も多いようです。ワキが黒ずんでいると、袖のない服を着るのに躊躇してしまいますよね。

<皮膚科医が教える、肌に負担をかけにくい自己処理のコツ>

自己処理では、カミソリ、毛抜き、脱毛クリームのいずれかを使用する人が多いですよね。そこで、上記の悩みも踏まえ、渋谷スキンクリニックの院長・吉田貴子先生にムダ毛処理に関するアドバイスを教えてもらいました。

■ムダ毛処理の方法別、気をつけるポイントは?

吉田先生「まず、一番主流かと思われるカミソリでの処理ですが、やはり刃物なので、気をつけないと肌が傷ついてしまいます。多量の泡を使って滑りをよくしながら、毛が生えている方向に沿ってやさしく剃るようにしてください。

次に毛抜きですが、眉毛やワキ、Vラインなどの細かい部分で使用されることが多いと思います。これらは汗をかきやすい場所なので、炎症も起こりやすいんです。そうなると赤ニキビができたり、黒ずみになってしまうことがあるので、肌の様子を見ながら処理をするようにしてください。

そして、脱毛クリームですが、皮膚への刺激が強く、肌に合わないとかぶれてしまうこともあります。自分の肌の強さを見て使用したほうがいいですね」

■剃ったあとのポツポツや、陥没毛の対処法は?

吉田先生「残念ながら、できてしまったポツポツを目立たなくするような方法はありません。カミソリを使うことで肌にポツポツが出てしまうのは、毛穴の炎症だったり、毛穴に埋まった毛の断面が見えていることが原因として考えられます。炎症の場合は、肌がカミソリ負けしているということなので、カミソリを使用しないほうがいいかもしれないですね。

毛抜きを使用するときにやってしまいがちなのが、陥没毛が気になって、むりやり出して抜いてしまうという行為。これは毛穴が傷ついて炎症してしまうのでNGです。

角質がやわらかくなる尿素入りのクリームなどを使用して、毛穴から毛が出てくるのを待ちましょう。普段から、毛穴がふさがらないようにしっかりと保湿ケアをしておくことが、予防につながりますよ

■皮膚科医がオススメする、ムダ毛の処理方法は?

吉田先生「皮膚科医として、自己処理をするのならば“電気シェーバー”での処理をオススメします。肌への負担も少ないので、敏感肌の人にもいいです。

また、少し費用はかかりますが、クリニックで脱毛治療を受けることが一番安心だと思います。ほぼ永久と言える脱毛効果が得られます。痛みが苦手な人も、今は痛みを抑えて熱で処理をする方法などもありますので、気軽に相談してみてくださいね」

<さいごに>

ムダ毛の自己処理で肌に異常が出てしまう人は、その処理方法が自分に合っていないのかも。そのまま続けてしまうと、症状が慢性的になってしまって、治るのに時間がかかってしまう場合があるので要注意! 吉田先生曰く「肌の刺激を考えると、カミソリの処理は週に1回ぐらいにおさえておいたほうがいい」とのこと。とはいえ、ムダ毛はどんどん生えてきてしまいますよね……。どうしても気になる場合は、クリニックで処理をするのも手かもしれませんね。

監修:吉田貴子先生
皮膚科・美容皮膚科医。2004年に渋谷スキンクリニックを開業。一般皮膚科と美容皮膚科を開設し、あらゆる肌の悩みに向き合っている。なかでもニキビ治療を得意とする。また、肌トラブルだけでなく、ダイエットやアンチエイジング、発毛治療など、美容にまつわる様々な悩みに対応してくれる。テレビや雑誌などのメディアでも活躍中。

(取材・文:石部千晶/六識)

※画像はイメージです

★読者の「肌」にまつわるお悩みに先生が回答! 過去の記事もチェック

(01):皮膚科医が教える! 正しい「肌の乾燥」対策
(02):喫煙者は要注意!? 「ほうれい線」の原因と解消法
(03):生活習慣の乱れはNG! 「肌荒れ」の種類と原因、対策法
(04):1日に何回が正解? 意外と知らない、正しい「洗顔」のススメ
(05):皮膚科医に聞く! 「花粉症皮膚炎」の症状と対策法
(06):かきむしるのはNG! 先生に聞く肌の「かゆみ」の原因と対処法
(07):皮膚科医に聞く! 「ニキビ」ができる原因と解消法
(08):触らないは守って! 皮膚科医が教える「ニキビ痕」の対処法
(09):老け顔イメージの元! 気になる「シミ」の原因と対策法
(10):皮膚科医が教える! 「毛穴」の種類と、それぞれの対策法
(11):どんより顔とはお別れ! 「クマ」をスッキリさせる秘訣
(12):永遠のあこがれ! 「透明感のある肌づくり」の秘訣
(13):見た目年齢を左右! 皮膚科医に聞く、「たるみ」の原因と対策法
(14):“脂漏性皮膚炎”って何!? 顔の「赤み」の主な原因と対策法
(15):化粧水をつけるとき、「コットン」or「手」どっちがいいの?
(16):これからの季節は要注意! 皮膚科医に聞く、顔の「テカり」対策
(17):あなたの肌は何タイプ? 皮膚科医が教える「日焼け」予防&ケア方法

お役立ち情報[PR]