お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

○○○がかかる!? 男性が「婚活のココがツラい」と思うポイント・4選

ファナティック

結婚したいと思っていても、何となく婚活はしたくないと思っている人もいるのでは。婚活にあまりいいイメージを持っていないと、なおさら婚活は避けたいと思うかもしれませんね。そこで今回は、婚活中or婚活したいけど、婚活のこんなとこが嫌だ!と思うことについて、働く男性に本音を聞いてみました。

■お金がかかる

・「高すぎる料金設定。または男だけ料金をとるなど」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「男性の料金が高いこと。3,000円を基準にしてほしい」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「お金がかかること。イベントなどに行くにしても、結婚相談所に登録するにしても、お金がかかるから」(33歳/学校・教育関連/専門職)

婚活をはじめたいと思っても、まず最初に気になってしまうのが、その料金設定のようです。一度の参加で相手を見つけられればいいのですが、何度も参加しなくてはならない場合、男性にとっては大きな出費になってしまいますものね。

■気をつかう

・「気をつかうので、疲れる」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「相手に気をつかわなければいけない。とにかく、自分の自由が利かなくなるのが嫌だから」(29歳/情報・IT/技術職)

・「相手の心を読まなくてはならないのが疲れる」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

婚活は初対面同士の人の集まりのため、いろいろ気をつかって話をしなければならないシーンが多くあるものです。いい感じになっていると思っても、結果を出せずにいると、だんだん疲れもたまってきますよね。

■結婚目当てなところ

・「婚活っていうのがあまり好きではない。結婚がゴールみたい」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「まぁ、結婚ありきなとこ。みんなそういう見方しかできないやつらの集まりに行くのも嫌だし」(36歳/学校・教育関連/その他)

・「付き合うよりも、とにかく結婚が前提なこと。じっくり付き合わないとわからないから」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

当然ですが、婚活は結婚をゴールとした活動になります。しかし、その結婚が目的ということに、あまりいい気がしないという人もいるようです。こればかりは仕方ないかもしれませんね。

■自分らしくない

・「『自分を偽って何をやっているんだろう』と疑問に思ってしまうことがある」(32歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「仮面をかぶって会うこと。本音で会い、意気投合することが理想と思う」(37歳/金融・証券/営業職)

・「内心、『早く終わらないかな』と思ってしまう自分が『嫌だな』と思ってしまう」(35歳/金融・証券/営業職)

婚活ではある程度、よそ行きの自分を装ってしまうこともありますよね。はじめて会う相手に、いきなり素の自分は見せにくいものです。そんな自分にウンザリしてしまうこともあるようですね。

■まとめ

婚活には興味があっても、まわりからいろいろ話を聞くと、何となく足が遠ざかってしまう人もいるかもしれませんね。上記のような悩みを抱えている男性も少なくなさそうです。ただ、一生を共にする結婚相手を探すのですから、ある程度の苦労を伴うのは仕方ないかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日~5月30日
調査人数:111人(22歳~38歳の男性)

お役立ち情報[PR]