お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

えっ、だれ? 「プロフィール画像」と「実物」がちがい過ぎてドン引きしたエピソード5選

ファナティック

SNSなど、プロフィール画像を求められる場面では、「自分にとって、とっておきの一枚」をチョイスする女性は多いことと思います。「どうせ見られるならキレイな自分!」という気持ちもわかりますが、実はそれが、男性側のドン引きにつながっているケースもあるようで……!? 女性のプロフィール画像と実物がちがい過ぎて、ドン引きしてしまった男性たちのエピソードを聞きました。

■目元!

・「Twitterのプロフィール画像で、目をいじっていて、印象が全然ちがってびっくりした経験があります」(36歳/その他/その他)

・「SNSの写真よりも目が小さくてびっくりした」(23歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

写真と実物でギャップを感じやすいのが、「目元」です。今はプリクラでも「自動補正機能」が搭載されている時代! 「メイクと同じようなもの」と言えば、確かにそれもそうなのですが……。

■スタイルが……!

・「SNSの写真では普通体型の女性に見えたが、実際に会うとかなり太っている女性だった」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「体や顔が細く見えたのに、実物は大きかったです(笑)。残念です」(36歳/電力・ガス・石油/販売職・サービス系)

バストショットの写真でポーズを工夫すれば、実際よりもかなりスリムに見せることが可能です。「本当の自分」で勝負しているのですから、がっかりするのも筋違いかもしれませんが……期待度が大きかった分、残念な気持ちも膨れ上がってしまうのでしょうね。

■知り合いが……!

・「知り合いが、写真と実物でちがいすぎるので、よほどがんばって写真を撮ったのだと思ったら、ちょっとつらくなった」(28歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

こんな残念エピソードもあるようです。実物の女性を先に知っていて、それとはまったく異なる写真がネット上にアップされていたら……逆の意味で「どうしてこんなことを?」と思ってしまいそうです。

■こんなケースもアリ

・「プロフ画像はタレントになっていて、実際に見てみたら一般人でも残念レベルで、しかも年齢がちがいすぎたことがあってきつかった」(38歳/情報・IT/技術職)

プロフィール画像だからといって、本人の写真が使われているとは限らない! こんなケースもあるようです。「ペット」や「風景」なら誤解することはありませんが、「同性のタレント」となると話はかなりややこしくなります。先々のガッカリ度を考えると、メリットは少ないと言えるでしょう。

■ぶっちゃけ、よくあること!?

・「アプリで盛れる画像編集ソフトが多すぎるから最近は怖い」(34歳/警備・メンテナンス/販売職・サービス系)

・「そんなの数えきれないよ……」(29歳/電機/事務系専門職)

こんな意見もありました。手軽にアプリで写真が補正できる時代! 男性側も「プロフィール画像を真に受けない」という処世術を学んでいるようです。逆に「本物の自分」を見せていれば、「飾らない子なんだな」なんて、好感度もアップするのかもしれませんよ。

■まとめ

プロフィール画像でガッカリした経験がある男性は、意外と多いようです。キレイな写真を使いたくなる気持ちもわかりますが、その後のギャップで損をしないためにも、「ほどほど」にしておいたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年6月8日~6月9日
調査人数:401人(22歳~39歳の未婚男性)

お役立ち情報[PR]