お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

ほとんどの原因はくだらないコト? 「彼氏とケンカしてしまう理由」3選

ファナティック

カップル付き合いが長くなってくるとお互いに慣れてしまって遠慮しなくなるのか、ふとしたことが原因でケンカになってしまうことも。すぐに謝って仲直りできればいいのですが、意地を張ってケンカが長引くことも少なくはないですよね。今回は、彼氏とケンカになる理由や原因について、女性のみなさんに聞いてみました。

■お互いに疲れているときや忙しいとき

・「デートの回数。私が彼より自分の予定を優先したので」(25歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「お互い忙しくて、意思疎通の時間がなかなかもてなくてすれちがい」(31歳/その他/クリエイティブ職)

・「彼が仕事で疲れていたり遅くなったときに、優しいコメントをかけられなかったとき、よくケンカになってしまいます。私自身も疲れているし、あなただけじゃない! と思ってしまう」(31歳/情報・IT/営業職)

忙しかったり、疲れているときは人に対する思いやりや優しさを忘れてしまうこともありますが、それが原因でケンカになることも。気持ちに余裕がないときは売り言葉に買い言葉でケンカになってしまいますが、そういうときこそ一度深呼吸をして気持ちを落ち着かせることが大事かもしれませんね。

■今思えば些細なこと

・「料理の味つけとか、話の聞き方とか、本当に些細なことだと思う」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「好きな芸人の話で揉めてケンカ。料理の味つけでケンカ。」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「お皿を洗うタイミングが遅いとか、くだらないこと」(22歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)

最初はふざけていただけ、何の気なしに言ってみただけという些細なことが原因でケンカになることもあるようです。すぐに仲直りすれば、「ケンカするほど仲がいい」と笑い話ですみそうですが、まずはケンカにならないようにこれを言ったら相手がどう思うかを考えたほうがいいかもしれませんね。

■価値観の相違

・「結婚など、将来に関する考え方のちがいで、ケンカしたことがある」(33歳/食品・飲料/専門職)

・「価値観の相違、お互いの譲れないポイントがちがう」(32歳/不動産/事務系専門職)

・「仕事と俺とどっちが大事なの的なことを言われたときに、ケンカしたことがある」(32歳/自動車関連/技術職)

相手のことを真剣に思えば思うほど価値観のちがいというのが気になってきそう。真剣に向き合った結果が言い争いになってしまうというのは、ちょっと残念な気もしますがそのあとでお互いに歩み寄れるポイントが見つかれば二人の関係はさらに深まるかもしれませんね。

■まとめ

彼とのケンカはできればしたくないと思っている女性は多そうですが、一緒にいる時間が長くなるとつい相手に対する甘えというのも出てくるのかも。自分のことを分かってくれていると思うからこそ、思い通りにならなかったときに腹が立つのでしょうね。でも、せっかく二人で過ごせる時間がケンカばかりでは疲れてしまいそう。ケンカになりそうなときは相手への優しさや思いやりが持てるまで、あえて距離をとってみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数145件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]