お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男子がカワイイ! と思った女子のドジ「意図せぬオナラ」「ストッキングの穴を必死で隠す」

ファナティック

つきゆび気になる人の前で、恥ずかしい失敗や癖などを見られるのは「なんとしてでも避けたい!」なんて思っていませんか? 確かに、いつだって完璧な自分を見てほしい!と思う気持ちも分かりますが……実はそういった「欠点」こそが、男性から見て「かわいい!」と思うポイントであることも。男性たちの心を揺らした、女子のドジっぷりや癖、欠点などについて教えてもらいました。

■転ぶ

・「何もないところで転ぶ」(36歳/情報・IT/技術職)

・「ヒールで歩いてるときに足首をひねる」(32歳/商社・卸/営業職)

・「よく階段で転ぶ子がいて、ドジだけどかわいいなと思った」(33歳/小売店/事務系専門職)

大人になってから派手に転ぶなんて……まさに赤面してしまいます! とはいえ、「えぇ!?」と思わせる派手さがいい、という男性意見が目立ったのも事実。周囲の人は笑っているかもしれませんが、その奥にはほんわかした優しい気持ちがあると言えそうですね。

■身だしなみ

・「寝癖が隠しきれていない」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「ストッキングにちょっと穴があいていて、隠そうとしてる姿がかわいかったです」(32歳/金融・証券/営業職)

身だしなみに関する失敗を挙げる意見もありました。こちらはあくまでも「たまに」というのがポイントになりそう。いつも「寝癖」「ストッキングに穴」の状態だと、単純に「清潔感のない女子」と思われてしまいそうですね。

■一生懸命なところ

・「取り分けようとするが、うまくできない。でも、何度でもやるところ」(38歳/情報・IT/技術職)

・「ちょっとした遅刻。慌てて駆けてくる姿はかわいいと思う」(32歳/学校・教育関連/専門職)

がんばってもできないことを、それでもがんばる一途な姿は、男性の心をキュンとさせやすいようです。必死でがんばっていることが伝わるからこそ、相手の心を動かすのかもしれませんね。

■料理できないのもアリ!?

・「一生懸命、料理してマズかったとき」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「ニンジンの皮をそのままにして、カレーを作った元カノ」(26歳/情報・IT/技術職)

アラサー女子に必須!と思われる料理スキルですが、実は「できない」のもアリ!? ずっと「できない」では困りますが、最初の一度や二度は「かわいらしい」と受け止めてもらえるのかもしれませんね。その後必死で練習してください!

■こんな失敗も……

・「オナラが思わず出てしまったときは、かわいいと思う」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

女子としては「ギャー!」と叫びたくなるような、致命的な失敗ですが、ほほえましく受け止めてもらえるケースも。恥じらう気持ちがあるうちは、まだ大丈夫……かもしれません。

■まとめ

女子のドジや失敗に対して、男性のみなさんは意外と暖かいまなざしを向けてくれているようですね。人間だからこそ、時折失敗するのは当たり前のこと! 無理に隠さないことで、「人間らしさ」や「親しみやすさ」を演出できるのかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数112件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]