お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【マリアージュレッスン】結婚、仕事……、何を優先するべき? 30代女性の「理想のライフプラン」を立てるコツ

斎藤芳乃

【ステップ2】理想のライフスタイルに合わせて、婚活をする・しないを決める

自分の理想のライフスタイルを具体化することができたら、自分がかなえたいライフスタイルに合わせて、婚活するかどうかを決めます。ひとりでいたほうが楽で自由で、今後、子どもを考えないという場合は、婚活はお休みしましょう。しかし、もし「パートナーがいたほうが楽しい」「結婚したほうが生活が豊かになる」「子どもがほしい」という気持ちがあるなら、出会いのアンテナを立てましょう。

ただ、男性にも「自分のかなえたい理想のライフプラン」があります。すべての男性が「仕事を辞めて家庭に入って」というわけではなく、「協力しあって生活を豊かにしていきたいから、仕事は続けてほしい」「キャリアを持っている者同士、恋を楽しみたい」など、さまざまな理想を持っています。

そして、ステキな愛を育むのに、必ずしも結婚だけにこだわる必要はありません。もし、「ひとりでいることよりもパートナーがほしい」、という結論になったのならば、その条件に合う人を探してみてください。

本日のレッスンまとめ

結婚や仕事など、人生の優先順位のつけ方に悩む女性がすべきことは?

ライフプランを考えるときは、肉体的・時間的な制限を優先しながら、その中で「自分が達成したいこと」を取捨選択していきましょう。

【ステップ1】4つの項目を基に、理想のライフスタイルを具体化する
 ・自分のライフスタイルにパートナーは必要かどうか?
 ・子どもがほしいかどうか?
 ・実現したいことは、長期的なスパンで見て、価値が変わらないものかどうか?
 ・実現したいことは、2人でかなえたほうが効率的かどうか?

【ステップ2】具体化した理想のライフスタイルに合わせて、婚活をする・しないを決める

最後に

パートナーがいる生活は、自分ひとりで生きる人生では考えられないような幸せをもたらしてくれることがあります。誰かと支え合える喜びや、2人でひとつのことを成し遂げていくこと、相手をサポートしていくときの充実感など、人生に新たな一面を見せてくれるのも事実です。そして、婚活は、いつはじめても遅いということはありません。人生は一度きり。あなたの理想に沿って、ステキな生活をかなえてくださいね。

(斎藤芳乃)

斎藤芳乃

マリアージュカウンセラー。
女性の恋愛・結婚の問題を解決する心の花嫁学校マリアージュスクール主宰。「自尊心」の大切さを訴え、幼少期のトラウマや家族関係をベースに、潜在意識にある不幸の根本的な原因を見抜き、現実を変化させる心の専門家として活躍中。特に女性の幸せな結婚や恋愛をテーマに、DV経験、離婚歴のある女性たち、40代後半たちが結婚するなど、恋愛問題を劇的に解決する。東京・大阪・名古屋で開催される講座には、10,000人以上の女性が参加。北海道や沖縄のみならず海外からも受講者が訪れる。また個人セッションの申し込みは、予約開始から5分で満席となる人気ぶりを博している。

●斎藤芳乃公式ブログ:http://ameblo.jp/yoshinosaito/

この著者の記事一覧 

SHARE