お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

片思いにはあって、両思いにはないもの4つ

ファナティック

片思いに比べれば幸せ度が高いであろう両思い。でも両思いだからといってすべてが満たされるわけではありません。片思いだからこそ味わえる気持ちもたくさんありますよね。今回は、片思いにはあって両思いにはないと思うものを、社会人の女性に聞いてみました。

■恋するときめき

・「一方的に思うことの楽しさやドキドキ。両思いならあまりドキドキしなくなるので」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「好きな人に会えたり、話せたりしたときのときめき。両思いでも多少あるけれど、片思いのときほどじゃない」(29歳/生保・損保/専門職)

やはり一番に挙げられるのはときめきやドキドキ感など、高揚した気持ちではないでしょうか。思いが通じてパートナーとなると、ときめきというよりは安心感を覚えるようになります。強いときめきは片思いの期間限定のものかもしれませんね。

■気楽で自由な関係

・「ケンカもしないし、傷つくこともないし、そういう意味では気楽なのかもしれない」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「気楽なこと、傷つかなくて済むこと、相手に気を使いすぎなくて済むこと、煩わしい付き合いがないこと、本心を知られず自分優位なつもりで居られること」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

片思いの時期は、彼女としての責任もないため気楽な付き合いができると考える人も。まだ二人の気持ちを擦り合わせる必要もない時期なので、たとえ意見が一致しなくてもケンカになることもありません。片思いならではの自由と言えるでしょう。

■理想的な恋の姿

・「相手への希望。いろいろと思い描けるのが片思いのいいところだと思うから」(31歳/金融・証券/専門職)

・「付き合ってから起こるケンカや相性の悩み」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

とにかく相手が好きという気持ちだけで接することができるのが片思いのメリットでもあります。実際に付き合ってみれば理想通りにいかないことも多々あるものですが、片思いならその男性の実態を知って幻滅することもないでしょう。

■自分磨きの度合い

・「相手のことを考えて、相手の好みの女性になれるよう努力すること」(28歳/金融・証券/営業職)

・「気づかい。髪形やファッション、アクセサリーなど相手のちょっとしたことでも片思い中は気づける。でも両思いになってしまうと気が緩むからか、気づけなくなってしまう……」(31歳/情報・IT/営業職)

女性にとって恋をする楽しさは自分を磨く楽しさでもあります。恋する女性はムダ毛処理にスキンケア、ヘアスタイルにメイクなど、無意識のうちに神経が行き届き、きれいになっていくものですが、両思いになった途端に安心感から気が緩み、自分磨きもおろそかになってしまうこともあるようですね。

■まとめ

意外にもたくさんある片思いならではのメリット。これを見たら「片思いも悪くない」と思う人もいることでしょう。両思いになってこの楽しさを失う前に、まずは片思いを存分に楽しんでみるのもありかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月13日~4月20日
調査人数:140人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]