お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

感情のブレーキがきかない! 男子がモノにした女子に仕掛けるアプローチ3選

ファナティック

オフィス「ちょっといいな」と思っている男性に送るメールは、絵文字やハートマークなどを使って、自分なりの「好き」サインを出しますよね。では男性で、気になる女性に対してサインを出す人はどれくらいいるのでしょうか? 社会人男性のみなさんに本音を聞いてみました。

Q.気になる女性には「好き」のサインをだしたり、アプローチをしますか?

する……36.9%
しない……63.1%

「する」と回答した人は約3割ほどでした。では、どんな方法で「好き」サインを出すのか、くわしく聞いてみましょう。

■連絡をマメにする

・「こまめな連絡で仲よくなる」(30歳/その他/事務系専門職)

・「どんどんメールを送る」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「メールや電話をまめにする」(33歳/学校・教育関連/専門職)

多かったのは電話やメールで「こまめに連絡を取る」という方法でした。メールなら気軽に送ることができるし、電話で距離を縮めていって仲よくなれれば、相手の気持ちも分かりやすいですよね。

■デートに誘う

・「食事や映画などに誘う」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「連絡先を聞いて、デートに誘う」(28歳/電機/事務系専門職)

・「探り合い的な事は時間と気疲れの無駄なので、ストレートに食事に誘う」(38歳/その他/技術職)

電話やメールでなかよくなった後に「食事や映画などに誘う」という方法もありました。あまり駆け引きをしすぎても失敗しそうだし、そういうことが苦手な男性はストレートにデートに誘うようです。

■優しさをアピール/プレゼント作戦

・「自分の優しさをアピールする」(35歳/建設・土木/技術職)

・「プレゼントをあげたりする」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

ほかには「優しさをアピール」や「プレゼントをあげる」という方法もありました。やけに自分だけに優しかったり、出張帰りのお土産が自分だけちがったりすると、男性からの「好き」サインと言えそうです。

■まとめ

気になる女性に対して「好き」サインを出す男性は多くはなかったものの、アプローチする方法にはいろいろなものがありました。連絡をマメにしたり、デートに誘ったり、プレゼントを贈るなど男性もいろいろと工夫しているようです。これらの行動をしてくる男性がいたら、もしかしてあなたに好意を持っている証拠なのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数109件(22歳~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]