お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

『価値観』が大事! 恋人と一致すると嬉しいことって、どんなこと?

下村さき

恋人とは、『価値観』が一緒であってほしいもの。
でも、価値観と言っても色々ありますよね。
そこで今回は、「恋人と一致すると嬉しいこと」について、働く男女に意見を聞いてみました!

■金銭感覚 ・・・ 29.3%(男性:28.3%、女性:30.2%)

・「世の中お金だから、お金を使う場面や節約する場面が同じでないと、後々喧嘩になる」(32歳/医療・福祉/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等)/女性)

・「節約できるところは節約して、旅行や使う時には使う。みたいなところが同じだと好感が持てます」(39歳/運輸・倉庫/その他/男性)

今回、設問に用意した5つの中では、『金銭感覚』が1位となりました。
確かに、一緒に遊ぶのにもご飯を食べるのにも、生きていく限り、必ずお金が必要です。
その感覚がズレていると、まさに「いつもケンカ」状態にもなりかねません。
一緒に出かけたときの使い方で判断していきたいですね。

■食やファッションの好み ・・・ 28.5%(男性:26%、女性:31.1%)

・「食べるものや味付けなど味覚は結婚してからも大事。そこが合わなければ、毎日、毎食楽しくない」(28歳/医療・福祉/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等)/女性)

・「デートや買い物に行くとき、大概が服を買いに行ったり途中でご飯をしたりなので。選ぶものが大体わかってきて、絶対今それに目が行くとか、今食べたいと思っていることが分かると嬉しかったですね」(23歳/医療・福祉/専門職(金融・不動産・医療・福祉系等)/男性)

女性だけで見れば、1位となったのは『食やファッションの好み』。
男女合わせても、1位の『金銭感覚』と僅差でした。
食に関しては、女性ならではの「結婚したら、自分がつくる」ことを考えると作るのが大変、楽しくない、などの意見が。
確かに、外食も大変ですが、家で食べるものの好みが違うと、作る方も作られる方も気を使うことになってしまって辛いですね。
男性の中には、「女の子は可愛くしていてほしい!」という意見も目立ちました。

■休日の過ごし方 ・・・ 24.7%(男性:27%、女性:22.3%)

・「家でゆっくりするのもいいけど、たまには出掛けたい」(27歳/その他/経営・コンサルタント系/女性)

・「結構インドア派なので。家でマッタリとしたいので」(38歳/金属・鉄鋼・化学/その他/男性)

休日の過ごし方と回答した人のうち、男性は「ゆっくりしたいから、それに付き合ってほしい」、女性は「外出と家でまったりをバランスよくしたい」と思っていることが印象的でした。
毎日元気でいるために大事な『休日』の使い方。
合わないからといってバラバラで過ごすのも切ないので、お互いがうまく許容し合っていくことがポイントになりそうですね。

■お酒の頻度や飲み方 ・・・ 9.6%(男性:8.8%、女性:10.4%)

・「毎日、1日の終わりに、今日どんなことがあったとか語りながら晩酌して、お酒やおつまみを一緒に楽しむことを励みに仕事を頑張ってるので」(33歳/その他/その他/女性)

・「お酒を飲むのが好きなので、一緒に飲んだりしてみたいですね!」(32歳/学校・教育関連/その他/男性)

お酒が大好き!という人にとっては、パートナーと一緒に飲めることが必須条件ですよね。
「お酒が好きだから、飲めない人とは遊んだりしない」という意見もあるほどでした。
お酒は、もはや趣味の一つ。
食事や生活に密接に関わる趣味だからこそ、お酒に対する価値観が合うと、毎日を気持ちよく締められそうですね。

■その他 ・・・ 7.9%(男性:9.9%、女性:6%)

・「テレビをみていたり会話の中で笑う所が一緒だったり、共通の話題で盛り上がれるとテンションが上がる」(33歳/生保・損保/その他/女性)

・「笑いのツボ」(39歳/電機/技術職(設計・エンジニア)/男性)

その他を選択した方は、『笑い』や『優先順位』が合うとホッとすると回答。
このように、「これ!」というものよりも、感情の動きや物事の選択の感覚が似ていることを重視する人もいるようです。

人それぞれ違うのは当たり前だからこそ、「同じだ!」と感じることがあると、とても嬉しいもの。
同じものを一つでも多く持って、長く仲良くできることが幸せですね。

(下村さき)

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年4月26日〜2016年4月28日
調査人数:819人(22歳〜34歳の女性406人、22歳〜39歳の男性413人)
※画像はイメージです。

お役立ち情報[PR]