お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

意外な穴場!? せんべろのお店で出会った女性が恋愛対象に入る男性は、ナント約6割!

ファナティック

1,000円でベロベロに酔っぱらえるお店という意味の「せんべろ」。以前ではサラリーマン御用達のお店というイメージの強かった「せんべろ」ですが、最近では女性の利用客も増えてきているようです。男性のみなさんに、そんな「せんべろ」にいる女性の印象について、アンケートをとってみました。

Q.せんべろのお店で出会った女性は恋愛対象に入りますか?

入る……58.0%
入らない……42.0%

半数以上の男性が「入る」と回答しました。それぞれの理由を詳しく見て行きましょう。

<入る派の意見>

■場所は関係ない

・「出会った女性が魅力的なら出会いの場所は関係ない」(35歳/団体・公益法人・官公庁/その他)
・「気になる相手であれば、出会いは関係ないと思う」(36歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)
・「出会い方よりもその後のほうが大事だと思う」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

出会いに場所は関係なく、あくまで大事なのは相手の人間性や相性だ、という意見が多く見られました。「せんべろ」も十分出会いの場として認識されているようです。

■チャンスを大切に

・「とりあえず出会いの場が少ないので」(31歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「出会いが少ないのでどんなチャンスでも活かしたいです」(31歳/情報・IT/技術職)
・「それも今では出会いの手段の一つとして確立されているから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

社会人になるとだんだん出会いのチャンスもなくなってきますよね。どんなチャンスでも大切にしたいという人も多いようです。

■打ち解けやすい

・「出会った場所は関係ないし、そんな場所で知り合った女性のほうが気さくでいい」(23歳/その他/その他)
・「居心地がよさそうでよいと思うから」(32歳/不動産/営業職)
・「一緒に酒が飲める人と付き合いたいので」(37歳/自動車関連/事務系専門職)

お酒も入る「せんべろ」のような場所のほうが打ち解けやすいという意見も多数。また職場などので出会うよりは、気兼ねをしなくてすむのでいいという意見も見られました。

<入らない派の意見>

■恋愛モードにならない

・「そういう店に入るときは感情が恋愛に向かない」(32歳/食品・飲料/技術職)
・「落ち着いてお酒を楽しみたいから」(34歳/情報・IT/営業職)
・「相席だとお互いに落ち着いて話ができないから」(37歳/医療・福祉/専門職)

あくまでお酒を飲みに行っているだけなので、恋愛モードにならないという意見や、にぎやかな居酒屋ではゆっくりしゃべれないのでNGという人も多数。

■いいイメージがない

・「相席居酒屋にいる女性はいいイメージがないから」(27歳/商社・卸/営業職)
・「これからもこういう所へ入り浸るだろうし、飲んでる最中が心配だから」(31歳/情報・IT/販売職・サービス系)
・「酒の席での出来事に信ぴょう性が低いと思っているので」(32歳/商社・卸/営業職)

「せんべろ」で飲んでいる女性にいいイメージがないという男性も多いよう。遊んでいそう、という印象があるという声も見られました。

■まとめ

お酒が好きな女性からすると「せんべろ」というのはとても魅力的な場所ですよね。最近では新たなデートコースとしても注目されているようです。出会いがない、という女性はお酒を楽しむついで、というぐらいのラフな気持ちで行ってみるのもおもしろいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年4月にWebアンケート。有効回答数100件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]