お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【男女のちがい】結婚がプレッシャーだと感じた経験はある?

ファナティック

子どものころは、漠然と「結婚」についてあこがれを抱いていても、大人になるといろいろな現実を知って、ただのあこがれではなくなりますよね。ときには「結婚」という言葉がプレッシャーになってしまうことも。そこで今回は、男性と女性のみなさんにこんな質問をしてみました。

Q.結婚の二文字があこがれや希望ではなく、プレッシャーだと思った経験はありますか?

【女性】
ある……32.7%
ない……67.3%

【男性】
ある……31.0%
ない……69.0%

男性も女性も、約3割が「プレッシャーだと思ったことがある」と回答しました。何歳くらいのときにどんな出来事で感じたのか、それぞれの意見を聞いてみましょう。

<女性の意見>

■20代後半でまわりが結婚ラッシュ!

・「26歳になったとき、まわりが結婚ラッシュで、結婚式に参列するたびに『結婚は早いほうがいい』と、まわりから言われ続けた」(27歳女性/情報・IT/事務系専門職)
・「25、6のときに、ちらほら結婚+出産の文字をFacebookで見たとき。やばいかな……と焦った」(29歳女性/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)
・「28を過ぎたくらいから、職場で『いい人はいないの?』ってよく聞かれるようになって、結婚できない子扱いをされた」(30歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

女性で多かったのは、20代後半で起きたまわりの結婚ラッシュでした。友だちの結婚式に招待されることが増える時期なので、自然とプレッシャーになってしまいますよね。SNSでの結婚や出産報告、職場での何気ない一言も、胸に突き刺さります。

■まさに今!

・「今、結婚を迫られているから」(29歳女性/学校・教育関連/技術職)
・「今。まわりがどんどん結婚していくのに、自分は結婚から遠いところにいる」(23歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「まさに今。出産リミットが迫ってきているし、いい相手が残っていない」(34歳女性/電機/秘書・アシスタント職)

結婚のプレッシャーについて「まさに今感じている」という意見もありました。相手から結婚を迫られていたり、まわりが結婚しているのに自分が結婚の「け」の字もないとプレッシャーになりますよね。女性は出産のリミットもあるので、余計に焦ってしまいますね。

<男性の意見>

■20代後半に彼女からのプレッシャー!

・「20代後半で付き合って4年くらいのころ、しきりに結婚や子どもの話をされた」(30歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「彼女の年齢が適齢期に近づいてくるとプレッシャーになる」(27歳男性/その他/経営・コンサルタント系)
・「28、9のとき、彼女から結婚に関する話やプレッシャーをかけられたとき」(30歳男性/学校・教育関連/その他)

男性で多かったのは、20代後半で彼女からのプレッシャーを感じたという経験談でした。彼女の立場からすると「30歳までには結婚したい!」という気持ちがあり、それに対して男性が煮え切らない態度だと、プレッシャーの一つもかけたくなりますよね。

■30歳を超えると気になります

・「30過ぎて、世間体を気にしだしたとき」(34歳男性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)
・「30歳になってこれから家族を守ったり、子どもを育てられるか不安だった」(34歳男性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「経済的にやっていけるかどうかが不安だったため、結婚することにプレッシャーを感じた」(33歳男性/情報・IT/技術職)

ほかには「30歳を過ぎてから」という意見もありました。20代から30代になるときに、節目を感じるのは男性も同じようです。世間体や家族を守ること、経済的にやっていけるかどうかなど、女性とはちょっとちがった意味でのプレッシャーがあるようです。

まとめ

結婚についてプレッシャーを感じた経験について、女性は圧倒的に「まわりが結婚ラッシュだった」という意見が多かったのに対して、男性は「30歳を過ぎて世間体などが気になった」という意見が多くありました。女性はまわりを見て焦り、男性は世間体や経済的なことで不安を感じるようです。そう考えると、彼が結婚について何も言わないのは、彼なりのプレッシャーを感じているからかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数269件。22歳~39歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月24日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE