お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

追われる恋は幸せ? 「自分のことを好きな人」と恋愛するメリット

織田隼人(心理コーディネーター)

自分のことを好きな人との恋愛はアリ?

女性は特に、自分のことを好きな人と恋愛することを選ぶようですが、「追う恋」より「追われる恋」、どちらが幸せになれるのでしょうか。自分のことを好きな人と恋愛するメリットについても、解説します。

「追う恋」と「追われる恋」、どちらが幸せになれる?

追う恋も、追われる恋もどちらも幸せになれます。ただ、追う恋と追われる恋では、追われる恋の方がうまくいく確率が高いと言えるでしょう。すでに相手が好きになってくれているため、ある程度自分が相手のことを好きであればお互いに幸せになれるからです。追う恋で自分が幸せになるには、相手が振り向いてくれるまでがんばる必要があります。振り向いてもらえない場合には悲しい思いをするでしょう。人は努力すればするほど、失敗したときに悲しい思いをするもの。相手をどんなに追いかけ続けても思いが叶わず、失恋をしてしまうととても悲しい気持ちになってしまいます。その点、追われる恋の場合は失敗の可能性が低いため、幸せになりやすいといえるのです。

自分のことを好きな人と恋愛するメリット

自分のことを好きでいてくれる人と恋愛をすると、自分が相手のことを好きになるだけで恋愛が成立します。恋愛が成立するには「両思い」になる必要がありますが、両思いになるというのは結構難しいことです。そもそも、多くの男女がいる中で「たったひとりの大事な人」になるのは確率的にも厳しいもの。しかし、自分を好きでいてくれる人が相手だと話は別。あとは自分の気持ち次第で恋愛が成立するわけですから、「たったひとりの大事な人」になれる可能性は急激にアップします。恋愛は男女どちらかの片思いからはじまるもの。女性の片思いからはじまる場合は、男性に振り向いてもらうまでに相当努力する必要があります。連絡先を交換するのもデートに誘うのも、好きになった方からある程度アプローチしなければなりません。一方で、相手から好きになってもらえるとこういった努力の大部分を相手がやってくれるので、ある意味楽に恋愛が進むでしょう。

次ページ:自分のことを好きな人の見分け方

SHARE