お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男女の意識を比較! 結婚したら、家庭に入りたい? 「主婦希望⇒23.8%」「主夫希望⇒●●%」

ファナティック

仕事女性が男性と同じようにバリバリ働くようになってから、結婚した後も仕事を続ける人が多いですよね。では社会人男女のみなさんが考える「結婚後の理想の働き方」にはどんなものがあるのでしょうか。さっそくアンケートで聞いてみました。

Q.女性に質問! 結婚後の理想の働き方は?

・共働きしたい……73.4%
・自分が外で働いて、パートナーが家庭に入る……2.8%
・パートナーが外で働いて、自分が家庭に入る……23.8%

Q.男性に質問! 結婚後の理想の働き方は?

・共働きしたい……71.5%
・自分が外で働いて、パートナーが家庭に入る……21.4%
・パートナーが外で働いて、自分が家庭に入る……7.1%

男女ともに「共働きしたい」と回答した人が多い結果となりました。「専業主婦」を希望する人は少ないようです。どうしてそう思うのか、それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

<女性の意見>

■自由に使えるお金がほしいから、共働きがいい

・「社会との接点を持ち続けたいから、結婚しても働きたい」(34歳女性/小売店/販売職・サービス系)

・「自分が引け目を感じなくてすむし、自由に使えるお金がほしい」(25歳女性/医薬品・化粧品/技術職)

・「生活のことも考え、子どもができるとお金もかかるので、なるべく貯蓄しておきたいから」(28歳女性/アパレル・繊維/クリエイティブ職)

社会との接点を持ち続けたかったり、自由に使えるお金がほしいという意見が多くありました。子どもができる前に二人で働けば、お金も貯められるので生活に苦労することはなさそうです。

■家を守りたいから家庭に入りたい

・「できれば、結婚後は家事だけに集中したいから」(33歳女性/その他/事務系専門職)

・「子どもが家に帰って来たときに迎えてあげたいから」(25歳女性/食品・飲料/専門職)

・「男性には外でがんばってもらって、自分は家を守るためにがんばりたい」(29歳女性/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

結婚後は家事に集中したり、子どもを家で迎えたいなど「専業主婦」を理想とする女性も。家のことや子どものことを第一に考えたら、パートナーに外でがんばってもらうほうがよさそうですよね。

<男性の意見>

■金銭的に楽になるから、共働きがいい

・「二馬力で余裕のある暮らしをしたいから」(24歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「金銭的に楽になる。仕事の大変さが共有できる」(29歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)

・「どちらかが家庭にこもって外の世界を知らないのはいいことではないと感じるから」(32歳男性/マスコミ・広告/事務系専門職)

男性の意見で多かったのは「余裕のある暮らしをしたい」など、金銭的に楽な生活を送りたいというものでした。共働きなら仕事の大変さもわかり合えるし、収入源が二つあるのは大きいですよね。

■家事をやってほしいから家庭に入ってほしい

・「専業主婦として家庭をしっかり守ってほしいから」(33歳男性/情報・IT/事務系専門職)

・「子どもができたらちゃんと面倒を見てほしいから。また、家事をしっかりやってほしいから」(33歳男性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「仕事が終わり、帰ってきたらおいしい食事ができあがってるのが、自分の考える幸せな結婚生活なので」(25歳男性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

少数ではありますが「専業主婦として家庭を守ってほしい」という意見もありました。子どもの面倒や家事など家のことをパートナーに任せられれば、外で働く男性としても安心するのかもしれません。

まとめ

男性も女性も、結婚後は「共働き」が理想だと思う人が多い結果になった今回のアンケート。専業主婦を希望する人はそれぞれ約2割程度と少なく、女性の社会進出が進んでいることがわかりますよね。あなたは結婚したら、共働きと専業主婦、どちらが理想だと思いますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年3月にWebアンケート。有効回答数248件。22歳~38歳の社会人男性・女性)

※この記事は2016年04月13日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE