お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

年上彼女ならではの悩み!? 「結婚願望がまだない彼氏」に結婚を意識させる方法

ファナティック

付き合いが長くなってくると「結婚」が話題に上がるカップルも少なくないでしょうが、彼の方が年下だと「まだ早い」と結婚を意識してもらえないこともありそう。今回は、年齢的にもそろそろ結婚したいけれど、結婚願望がない彼氏にどうアプローチすれば良いのか、女性たちに聞いてみました。

友だちの結婚を引き合いに出す

・「周りの友達の結婚の話をする」(33歳/電機/技術職)

・「若くして結婚した友人を引き合いに出して、結婚っていいなと思わせるようにする」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「共通の友人(新婚)と一緒に遊んでみて、自然に想像してもらう」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

周りの友だちの結婚について話題にしてみたり、結婚して幸せそうな友だちと会うことで結婚を意識させるといいという女性もいるようです。自分と同じ年代でも結婚しているんだと彼に気づかせることができれば「そろそろ自分も」と思わせることができるかもしれませんね。

家庭的な面を見せる

・「家庭的なところをアピールする、家族の話をするなど」(28歳/建設・土木/技術職)

・「料理や家事をテキパキこなしているところをアピールする」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「子どもが成人したら何をしたいか」(29歳/その他/その他)

家庭を持ったらどんな感じなのかということを彼に理解してもらうために、家庭的な一面を見せるという女性も。料理や洗濯をしてくれる奥さんが家にいることで、どれだけ自分にとって落ち着ける場所が作れるのか実際に感じさせれば結婚って良いものだなと彼も思ってくれそうですね。

結婚を身近に感じさせる

・「無料試食をエサにウェディングフェアに連れて行く」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「結婚雑誌を一緒に見る」(27歳/その他/専門職)

・「結婚というキーワードを言うこと」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

ウェディングフェアに行ったり結婚情報誌を一緒に見ることで、結婚を意識させるという女性もいるみたいです。自分とは縁がないものと思い込んでいる彼に、結婚はひとごとではなく自分にも関係のあることだと認識させることが大事ということですね。ただ、しつこくなり過ぎると彼に重いと思われてしまうのでさり気なさも必要かもしれませんよ。

結婚は男子にとっても大事な決断。下手に焦らせると彼を余計に消極的にさせてしまいそうですが、結婚に対して前向きな意識を持ってもらうことは安心してお付き合いを続けていくためにも大事なことですよね。身近で結婚して幸せな生活をしている人と会う機会を作る、家庭の雰囲気を味わってもらうなど結婚を具体的に考えさせるというのは良い方法かも。結婚のプラス面をしっかりとアピールできれば、彼も結婚願望を持ってくれるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年3月にWebアンケート。有効回答数167件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年04月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE