お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 ダイエット

うぉ〜、燃えてきた! 女子がダイエットを決意した決定的瞬間3選

ファナティック

みなさんが「痩せる!」と決意するのは、どんな瞬間ですか? 今までにダイエットの経験があるという女性なら、ほんの些細なことであってもダイエットをはじめるきっかけになった出来事が何かしらあったのではないでしょうか。今回は、女性たちが「ダイエットを決意した瞬間」について、その本音を聞いてみました。

■太った自分を見て愕然としたとき

・「服を試着して、鏡に映った自分がひどかったとき」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「自分の太っている写真を見てショックを受けたとき」(33歳/その他/クリエイティブ職)

洋服を試着したときや写真に写った自分を見てショックを受けたとき、ダイエットを決意したという女性も。自分ではそんなに太っていないと思い込んでいたのに、改めて自分の姿を見て「こんなはずでは」と、愕然としてしまったようです。

■好きな人ができたとき

・「好きになった人の好みのタイプが細身の女の子だったとき」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「はじめて男の人にアドレスを聞いたときは、そのあとダイエットをがんばれました。結果、3キロくらいは痩せましたが相手の方が私にまったく興味がなくて心が折れ、体重も元に戻りました」(27歳/医療・福祉/専門職)

気になる男性の好みのタイプが細身の女子だった……。そうとわかれば、がんばってダイエットする気もわいてきそうですね。彼のために痩せたいと思ってはじめたダイエットなら、挫折しそうな瞬間も彼の顔を思い浮かべるだけで踏ん張ることができそう。恋愛はダイエットの大きなきっかけや継続のための原動力にもなりそうですね。

■洋服が入らなくなったとき

・「今まで履いていたスカートが履けなくなってしまったとき」(29歳/ソフトウェア/事務系専門職)

・「試着しようとした服が入らないことが増えてきたとき」(28歳/医療・福祉/事務系専門職)

今までラクに履けていたスカートが入らなかったというのは、太ったということを明らかに認めざるを得ない状況。こうしたときにダイエットを決意するという女性も多そうですね。ダイエットに成功すれば、無駄な出費も抑えられるし、お気に入りの洋服がもう一度着られる。くじけそうになったときには、自分に言い聞かせることもできそうです。

<まとめ>

漠然と「ダイエットしよう」と考えるよりも、ショックな出来事であっても自分にとって大きなきっかけになることがあったほうが、ダイエットの決意は強いものになりそうですね。太ってしまったことを諦めるのではなく、「自分の理想通りの体型になりたい!」と前向きな考え方でいるほうが、気持ちにもいい影響を与えてくれそう。挫折しそうなときもダイエットのきっかけを思い出すことで、決意を新たにすることができるかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年3月14日〜3月23日
調査人数:127人(22歳〜34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]