お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

この人と結婚したい! 既婚女性に聞く、結婚の決め手4選「地震のとき守ってくれた」

ふくだりょうこ

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

男性が結婚を決めきれない、という話は聞きますが、女子だって「この人と結婚していいのかな?」と悩むもの。では、どんな瞬間にこの人と結婚したい! と思うのでしょうか。既婚女性に結婚を決めた瞬間について聞いてみました。

付き合って1カ月の決意

「恋人同士になったばかりの時期に、『結婚を前提に付き合っているつもりだから』とサラッと言われてびっくりした。でも、将来を見越して付き合ってくれているなら、安心できると思って私もそのときに心を決めました。とはいえ、実際のプロポーズまでは3年以上かかったんですけどね……」(27歳/飲食)

女性側としては、彼氏が結婚についてどう考えているのかは未知の領域。あらかじめ表明してくれていると気持ちも準備ができますね。

地震のときに……

「彼の部屋にいたときに地震があって、そのときとっさに私の頭をかばってくれた。まさかそんなことをしてくれる人だとは思わなかったので、あとからじわじわと感動しました。何かあったときに守ってくれる人なんだな、と思った」(29歳/IT)

とっさの出来事にどう反応するかでその人の本質が見えてきますよね。自分のことをちゃんと守ってくれると、それだけで信頼度はアップします。

家事ができる

「私の体調が悪いときに家まで看病に来てくれて、料理を作ってくれた。家事ができるなんて初めて知ったし、結婚するならこういう人がいいなと思った。結婚してからも、休みの日は積極的に家事を手伝ってくれるので、とても助かります」(30歳/教育)

家事ができるというのは大きなポイント。体調が悪いときに、支えてくれる人がいるのはうれしいですよね。

親戚付き合いが少ない

「両親が放任主義で、親戚との付き合いも少ないと聞いたのが結婚の決め手。もちろん本人が素敵だったというのもあるのですが、結婚してからの悩みが少なそうでいいな、と思った」(27歳/飲食)

結婚は2人だけの問題ではなくなります。ときには彼の家庭環境なども大きなポイントとなるのかもしれません。

結婚の決め手となるポイントは人によってさまざま。もちろん理屈だけでなく、直感的に「結婚したい!」と思うこともありますよね。どんな理由であろうとも、自分が結婚を決めた相手と幸せになりたいものです。

※画像はイメージです

(ふくだりょうこ+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]