お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

家事は女性にしてもらいたいと思う? 過半数の男性の本音は……

ファナティック

最近では、結婚後も仕事を続ける女性が増え、家事を分担して担当する男性も多くなってきましたよね。でも、男性たちはそれについて納得しているのでしょうか。今回は、家事を女性にしてもらいたいという気持ちがあるのかどうか、男性の本音に迫ってみました。

Q.あなたは、家事は女性にしてもらいたいと思いますか?

「思う」52.9%
「思わない」47.1%

女性に家事をしてもらいたいと思っている男性が過半数……。でも、「思わない」という男性も半分近くいるようです! では、どうしてそう思うのかについても聞いてみましょう。

<「家事は女性にしてもらいたい」男性の意見>

■仕事で疲れているから

・「仕事で帰って疲れている状態でやりたくないから」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「仕事がんばるので」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「面倒だから」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

自分は外で仕事をがんばるのだから、家事は女性にしてもらいたいという男性たち。女性が専業主婦なら当然の主張ですが、共働きの場合にも同じことを言われたら腹が立ってしまうという女性も少なくないでしょうね。

■家事は女性がするもの

・「自分の考えが古いので、女性は家庭を守ってほしいと思う」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

・「女性のほうがうまいから」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「専業主婦が理想なので」(39歳/電機/技術職)

古い価値観と認めつつも、やはり家事は女性がするものという考えを捨てきれないという男性も。こちらも、専業主婦ならわかりますが、「女性のほうが家事がうまいから」という理由だけで押しつけられるとちょっと理不尽な気もします。

<「家事は分担するべき」と思う男性の意見>

■できる人がやればいい

・「家事は分担。できる人がやればいいというスタンスなので」(35歳/人材派遣・人材紹介/技術職)

・「やってくれたらうれしいけど、別に期待していないから」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「ひとり暮らしの経験もあり、自分の得意・不得意は把握している。任せきりで鈍らせるのももったいないので、やる事次第では引き受けてもいい。重いものを運んだりは率先したい」(35歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

やってくれればうれしいとは思うものの、ある程度は分担して当然だと思う男性もいました。ひとり暮らし経験が長く、ひと通りの家事をこなせるという人なら、分担して家事をすることもそれほど負担には感じないのかも。

男は外で働くもの、女は家庭を守るもの。現代でも、こうした古い考えに囚われている男性は少なくないようです。とはいえ、結婚後に女性も働いている場合、たとえ収入面で男性に劣っていたとしても、働いているという条件は同じ。家事の分担についてはしっかり2人で話し合っておく必要がありますね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数121件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]