お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

円満の秘訣!? 夫婦で決めているルール4選「ケンカ後は褒め合う」「太ったら離婚」

ゆみこーん

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

結婚して一緒に暮らしていると、ささいなことですれちがうこともありますよね。円満な結婚生活を送っている夫婦には、2人で決めたルールが存在するのでは? そこで結婚している女子に、夫婦の間で決めているルールを聞いてみました。

ケンカのあとは褒め合う

「お互いに気が強くてガンコなので、付き合っているころからケンカが多かった。そこで結婚するときに『ケンカをしたあとは、必ず相手を褒めて仲直りをする』というルールを設定。そのおかげでケンカしても気まずくなることがなくなった」(26歳/金融)

ケンカするほど仲がいいとは言いますが、険悪ムードがいつまでも続くのは困りもの。お互いケンカを引きずらないためにも有効かもしれませんね。

太ったら離婚!

「結婚してから、2人とも付き合いはじめたころより10kg近く太ってしまった。そこで考えたルールが『太ったら離婚』。現体重より5kg以上増えたらNGと決めて、健康管理をしている」(30歳/小売)

これはなかなか厳しいルールですが、確かに太りすぎは体のためにもよくないもの。実際に太ったときに離婚しなくても、あえて掲げてみるのもアリ?

「お先に失礼します」の連絡

「今は私が転職して別々の会社で働いているけど、旦那とは元同僚。会社が別でも仕事が終わって帰るときは『お先に失礼します』とメールをしようと決めている」(32歳/金融)

ほかにも「お先にランチに行ってきます」や「今日は接待で遅くなります」など、業務的に報告をしているとのこと。逆に仕事らしさを出すと、連絡するのをうっかり忘れるなんてこともなさそうです。

呼び方は「殿」と「姫」で

「結婚した当初、冗談で『殿』『姫』と呼びあってふざけていた。今では結婚3年経って子どもも1歳半になるけど、変わらずそう呼んでいる(笑)」(31歳/建築)

人前で呼ぶのはためらってしまいそうですが……何年経っても変わらないのは仲がいい証拠なのでしょうね。

毎日顔を向かい合わせている家族だからこそ、自然とルールができていくのかもしれません。苦痛になるような内容は考えものですが、夫婦円満になるようなルールならいいですよね。あなたはどんなルールがあるといいと思いますか?

※画像はイメージです

(ゆみこーん+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]