お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「同棲カップル」必見! あとに引きずらないケンカの仲直りのしかた

ファナティック

彼氏とケンカをしたときは、何日も会わなかったり連絡をしないこともあるものですよね。しかし同棲をしている場合は、そうもいきません。そこで今回は男性のみなさんに、同棲カップルにおける、引きずらないケンカの仲直りの仕方について、男性視点でご意見をいただきました。

次の日に持ち越さない

・「その日のけんかはその日のうちに」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「どんな事でも次の日に持ち越さない。相手の態度がそっけなくても、こちらからは普段通り接することを心がける(“自分が悪い”と思っていないなら無理に謝ることもない)」(37歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「次の日に持ち越さないこと」(35歳/その他/事務系専門職)

けんかを後に引きずらないためには、その場で完結させることが大切ですよね。次の日までけんかが続くようでは、お互いに先行きも不安になるかもしれません。その場できちんと解決しておくことが、後に引きずらない秘訣なのかもしれません。

先に謝る

・「自分から先に謝ること」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「自分から謝り先に折れることが大切だと思います」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

・「男性から謝る。すぐに」(26歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

同棲していてもなくても、大切なことはきちんと謝ることですよね。これが、長続きする秘訣なのかもしれません。男性が折れることも大切ですね。ただし、あまりにも何回もあると、男性もストレスになってしまうこともあるかもしれません。

素直に謝る

・「自分の悪い所は素直に認めること」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分が悪いときは素直に謝る」(35歳/建設・土木/技術職)

・「素直に謝れるかどうかに尽きると思う。深刻になりすぎない態度で明るく謝ること」(33歳/その他/専門職)

自分が悪いと感じたら、やはりきちんとすぐに謝ることが大切です。これは、カップルであろうとなかろうと、子供であろうが大人であろうが、生活していく上ではとても重要なことなのかもしれませんね。

話し合う

・「本音でぶつかり、とことん話し合いその日で解決する」(38歳/機械・精密機器/技術職)

・「ちゃんと理解し合うまで話し合う」(38歳/学校・教育関連/その他)

・「お互い思ってる事を言い合って納得するまで話をする」(39歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

どちらかが悪いというわけでもなく、ぶつかっている場合は、しっかりと話し合うことも必要です。謝ることでその場はしのげるかもしれませんが、根本的な解決にはなっていませんから、また同じことでぶつかるかもしれません。

まとめ

けんかを引きずらないためには、やはり、きちんと謝ることが大切です。自分に非が無くても、謝ることで解決できる場合もあるでしょう。一緒に生活するには、相手を尊重する気持ちが大切です。お互いがそういう気持ちになれれば、そんなにぶつかることもなくなるでしょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数410件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]