お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

結婚の話が出る前から、思わずチェックしてしまう彼の行動3つ

ファナティック

大人になると、恋の相手に対して「結婚相手としてふさわしいか」ということを常に意識してしまいますよね。学生のころとはちがい、遊びの恋愛はもう卒業です。人生の伴侶として適正か、細かくチェックしたくもなってしまいます。そこで今回は女性たちに、結婚の話が出る前から、ついついチェックしてしまう彼の行動について聞いてみました。

お金をどう使っているの?

・「お金の使い方。ギャンブルをするかしないか」(30歳/電機/秘書・アシスタント職)

・「お金の使い方。いつも金遣いが荒い人は、結婚相手としては不安なので躊躇する」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「金銭感覚や私服の様子(ブランド品ばかり身に着けていないか)、車(車にやたらお金をかける趣味があるか)をチェックしてしまう」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ムダ遣いしないで堅実に生活できるかどうか」(28歳/生保・損保/専門職)

お金の使い方、金銭感覚が大きく異なると、一緒に生活する上で、非常に大きなストレスを感じることになります。「私とちょっとちがうかな……」と思ったら要注意ですね。

他人に対する態度

・「お店で店員さんなどにイライラしていないか。店員さんに強気に出る人とは考えが合わないから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「大切な話をしているときに目線を合わせてくれるか」(27歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「言葉遣い。汚い言葉ばかり使われたら気分がよくないし、それが何十年も続くと思うとストレスになりそうだから」(27歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「自分以外に接しているときの態度」(28歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

自分を含めて、他者に対する態度には気を付けなければなりません。普段、やさしいように思えても、ふとした瞬間に冷たさを感じるような人は、結婚相手に向かないかもしれませんね。

食事の仕方

・「食事中の仕草。気になるとこの先ずっと一緒に食事ができない」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「食事のマナーや公共の場でのモラル」(28歳/その他/その他)

・「ご飯の食べ方」(33歳/建設・土木/技術職)

結婚し、一緒に生活するということは、毎日食卓をともにするということ。目の前の相手がクチャクチャぼろぼろ汚い食べ方をしていたら、それだけで非常に大きなストレスです。

まとめ

結婚は「好き」という気持ちだけではどうにもならないもの。一緒に生活を送るためには、その人の人格、品性も非常に大切なのです。ラブラブ絶頂期で、まわりが見えなくなっていると、なかなか冷静に彼を観察することができないかもしれませんが、将来の幸せな生活のため、結婚に踏み切ってしまう前に、本当に結婚相手にふさわしいか、よーく考えてみてください。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月18日~12月24日
調査人数:425人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]