お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

遠距離恋愛のバレンタイン、男性が彼女に希望することって?

ファナティック

今年もバレンタインがやってきます。愛の告白をしようと待ち望んでいる女性もいれば、義理チョコでもいいからもらいたいと望む男性と、バレンタインを心待ちにしている方は多いことでしょう。しかし、遠距離恋愛をしている人にとっては、あまりうれしくないイベントかもしれませんね。そこで今回は男性のみなさんに、遠距離恋愛のバレンタインで彼女に希望することを聞いてみました。

チョコレートを送ってくる

・「宅急便でチョコレートが届いたらびっくりするかな」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「チョコレートをクール便で郵送してくれたらうれしい」(28歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「手作りではない、市販のちょっと高級なチョコと何かプレゼントを贈ってくれるとうれしいです」(37歳/機械・精密機器/その他)

バレンタイン当日に間に合うよう、宅急便でチョコレートを送ってくれるとうれしく感じるようですね。チョコレートの種類によっては、通常便だと溶けてしまうこともあるので要注意です。

声が聞きたい

・「メールや電話をくれれば、それでいいと思う」(36歳/情報・IT/技術職)

・「贈り物は要らないから電話で声が直接聞きたい」(32歳/その他/事務系専門職)

・「なくても良いので、電話とかで会話が出来れば良い」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

チョコレートなんていらないから、声を聞かせてほしいと願う男性もいるようです。特別な日だからこそ、メールやLINEよりも、直接電話で声を聞かせてあげることが、何よりの贈り物になるかもしれませんね。

会いたい

・「やっぱり会いに来て直接チョコを渡してほしい」(34歳/食品・飲料/技術職)

・「会いに行くか会いに来る時間があること」(38歳/ソフトウェア/営業職)

・「会える事だと思います。それにまさるものはない。距離は心を離れさせてしまうおそれがあります。俺たちも距離がありましたが、寂しさに耐えられず迎えに行ってさらって行ってしまいました。親御さんには怒られましたが許して頂きましたよ」(30歳/その他/クリエイティブ職)

やっぱり何よりも彼女に会いたいと思うようですね。実物の彼女の笑顔が見られることが、どんな高価なチョコレートよりも、うれしく感じるものです。

一緒に過ごす

・「一緒に過ごしたい」(26歳/情報・IT/技術職)

・「一緒に時間を過ごせること」(33歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「一日中一緒に過ごすこと」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

できればバレンタインは一日中、一緒に過ごしたいと思うものですよね。いつも一緒にいるならチョコを渡すだけで済むものですが、離れていると、イベントのときぐらいは一緒にいたいと思いますよね。

まとめ

遠距離恋愛をしていると、なかなか思ったように会うこともできないので、バレンタインなどのイベントのときぐらいは、一緒に過ごしたいと思うようですね。今年のバレンタインは、ちょうど日曜日なので、サプライズでこっそり渡しに行ってみると、彼も喜んでくれることでしょう。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数402件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]