お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 アイテム

この4色に要注意! 「オバ見え」しがちなファッション・カラーを調査

ファナティック

ファッションがうるさいみなさんは服に何を求めますか? 防寒や着心地はもちろん、オシャレさも重視したいですよね。ところが、私服になる色で失敗することも。一歩間違えると「オバサンぽい印象」になりかねない服の色には何があるのか、女性に聞きました。

紫色はおばさまのシンボルカラー!?

・「薄い紫。メイクの濃いおばちゃんのアイシャドウの色、というイメージからそう印象づいています」(29歳/生保・損保/専門職)

・「紫。派手すぎて着こなし方を間違えると大阪のおばちゃんになりかねない」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「パープル。おばちゃんっていうか、おばちゃんからお婆さんがやたらと好む色だから」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

オバサンもそうですが、年配の女性が好んで着るイメージのある紫色。差し色として便利ですが、面積が広いとお年寄りのような印象になってしまうのかもしれませんね。バランスよく取り入れたい色です。

肌着っぽいベージュ

・「ベージュ。間違えるとおばあちゃんの下着っぽくなる」(30歳/情報・IT/営業職)

・「ベージュ。おしゃれな色だが、肌色なので」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「肌色。年配のほうは肌色の服を着ているイメージがあるから」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

ベージュは無難な色ですよね。ところが、こちらも多用するとメリハリのないコーディネートになりがちです。スカートなら短めにするなどの工夫をしないと、全体的に薄い印象になってしまうのかもしれません。

ピンクに要注意!

・「ピンク系。淡いピンクはかわいらしいが、鮮やかなショッキングピンクはおばさんっぽく見えるので注意」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「ピンク。かわいらしく映るか、若作りっぽく映るか難しい」(23歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「くすんだピンク。淡いピンクのオシャレな感じと紙一重な色合い」(29歳/その他/技術職)

ピンクは一見若い女性が着そうな色です。ですが、年相応の格好をしようと思わない中年女性がなんとなく着続けてしまう色でもあるのでしょう。同じピンクでも濃さや明るさを変える必要がありそうです。

無難すぎる茶色

・「茶色。親世代がよく着てる色」(29歳/情報・IT/事務系専門職)

・「茶色。落ち着いた色だから」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「ブラウン系。落ち着いて見えるけど、一歩間違えるとオバサンっぽくなりそう」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

茶色は無難な色ですよね。ですが、枯れ葉色です。あまり多用すると暗い感じに見えますし、鮮やかさがないので元気な印象にはなりません。組み合わせの難易度は意外と高いので要注意ですよ!

まとめ

せっかくオシャレをしているのに、オバサン扱いされたらたまりませんよね。でも、言われてみると確かに老けて見える色を着てしまっていたのかもしれません。もしご紹介したような色を着る方がいたら、ご注意くださいね~!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数150件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]