お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まわりがなんと言おうと自分にとっては最高だった男性との恋愛エピソード10

ファナティック

男性の好みは人それぞれ。どんなにまわりからイケメンともてはやされている男性でも、まったく魅力的に感じない人もいれば、彼は絶対にやめておいたほうがいいとまわりが言う相手に恋をしてしまう人だっています。好みって不思議ですよね。そこで今回は女性たちに「まわりには理解してもらえないけど、私にとって最高の彼!」と思った男性の特徴について聞いてみました。

俺様なんだけど

・「男性優位の考え方だったが、ときどきやさしくなるので、まわりに止められても別れられなかった。その後、その恋人から降られた。しかし、不思議なことにまったく落ち込まず、すんなり別れた。今でも、未練はない」(33歳/食品・飲料/その他)

・「口も悪くてやさしさとは程遠いけど、家にいるときに自ら洗い物をしてくれたり、変な意味ではなくスキンシップを取ってくれる人がいていい男だと思う」(32歳/情報・IT/その他)

・「どんなにいじめられても、ひどいことを言われても、普段はやさしい人。今思うとあれはDVじゃないかと思いますが、付き合ってたころは、幸せだと思ってた」(34歳/その他/その他)

・「ちょっと意地悪な幼なじみ。たまにやさしいところが好きだった」(30歳/自動車関連/事務系専門職)

はたから見ると「それDVじゃない?」と不安になるような俺様の彼でも、幸せに感じてしまう人はいます。しかし、本当にDVで、洗脳のようになってしまっているタイプもいるので、まわりにこういうタイプの彼と付き合っている女性がいたら、よく注意してあげましょう。

おもしろい三枚目タイプ

・「飲み会で空気が悪いと、自らピエロ役を買って出てバカにされに行く男性。まわりはそれに気づいていないが、気遣いができてやさしいと思う。その男性と結婚した」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「ギャグセンスが高い!!」(28歳/建設・土木/その他)

・「変わり者だけど発想豊か」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

決してみんなにキャーキャー騒がれるタイプではないけれど、三枚目で、まわりを明るい気持ちにさせられる人って素敵ですよね。惹かれてしまう気持ちもわかります。

金銭感覚に問題あり

・「音楽ができる男、自分も同じで最高に合う、お金はかかるが……」(33歳/その他/その他)

・「お金にはルーズだが、お酒が強くて、トークがおもしろい人」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「稼ぎもなく、かっこつけだが、人情に厚く男らしかった」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

お金に関わる問題がある男性との恋愛なんて、まず、まわりに止められるでしょうね。しかし、どんなにお金が苦しくても、好きになったら止められないのです……。

まとめ

「なんであんな彼と……」とまわりにどんなに言われようが、自分にとって魅力的であれば、彼は最高の男。しかし、ときには、まわりの声を聞くことだって大切です。自分が気付かなかった致命的なダメ男部分を、客観的な視点ならば気付くこともあります。恋は盲目とは言いますが、自分のことを心配してくれている人たちの言葉は、きちんと素直に聞きましょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです。

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月18日~12月24日
調査人数:410人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]