お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
トレンド スポット

ネコ文壇バーって一体どんなお店? 夜な夜な文学好きが集う「月に吠える」の謎に迫る

さとうまほ/Pistachio

作家や編集者といった出版業界の人々が集まり、語らう場とされている「文壇バー」。風の便りに聞いたことはあるものの、実際に足を踏み入れた方は多くないのでは? そんななか、新宿ゴールデン街にある「プチ文壇バー 月に吠える」は“日本一敷居の低い文壇バー”として、2012年6月の開店当初より話題に。その人気から昨年12月には、2号店となる「ネコ文壇バー 月に吠える」が新宿3丁目にオープンしました。約250冊の多彩な書籍を集めた1号店とはちがって、2号店の書籍はいずれも猫に関連するものに限定されており、文学好きはもちろん猫好きも訪れてみたいお店となっています。そんな「ネコ文壇バー 月に吠える」を紹介します。

「ネコ文壇バー 月に吠える」ってどんなお店?

「ネコ文壇バー 月に吠える」は、出版業界の活性化と若手物書きの支援といった1号店のコンセプトを踏襲しつつ、店内に並べる本を猫関連に絞り込んだ、新感覚のバー。ときには有名作家や出版社社長など、大物が訪れることもあり、運がよければ、ばったり遭遇! なんてことも期待できるかもしれません。

お店のマスコット「ネコ月子さん」

お店のマスコット「ネコ月子さん」

店内には、『吾輩は猫である(夏目漱石)』や『100万回生きたねこ(佐野洋子)』、『猫町(萩原朔太郎)」、『今日の猫村さん(ほしよりこ)』など、猫に関連する書籍がずらり。文学に限らず写真集から飼育本まで、バラエティに富んだ約300冊の猫本がそろっているので、その日の気分によって、手に取る本を変えて楽しめます。

猫をテーマやモチーフにした有名書籍も

猫をテーマやモチーフにした有名書籍も

本棚には猫に関する本がいっぱい!

本棚には猫に関する本がいっぱい!

また、本だけではなく、作家とその愛猫のエピソードや、写真の展示などもあり、店内にいるだけで世界観に浸れるのもうれしいところ。さらに来店が2回目以降の方なら、いずれの本も無料で一ヶ月の貸し出しをしてくれるサービスも。、指定の図書ノートに名前と連絡先を記入するだけで気軽に借りることができるので、「おうちで読む本を探しに行く」なんて楽しみ方もできちゃいます。

「ネコ文壇バー 月に吠える」開店のきっかけは?

ネコ×文壇バーという、これまでにないコンセプトの同店。お店を構えたきっかけを、店主の肥沼さんにお伺いしました。

「作家には猫好きが多く、猫が登場する作品もたくさんあります。そのことから猫と文学は親和性が高いと感じたことが、ネコ文壇バー開店のきっかけです。また、8席しかない1号店に比べて、イベントを行える広いお店がほしいと思っていたことも理由の一つ。作家を招いての1日店長やワークショップなど、さまざまなイベントを予定しています」(肥沼さん)

1号店よりも広い店内ではイベントも計画中!

1号店よりも広い店内ではイベントも計画中!

「日本一敷居が低い」ってどんな意味があるの?

ジャーナリストとしても活躍されている、マスターの肥沼さん。かつては出版業界の間口の狭さに戸惑ったこともあるそう。文壇バーと言えば、そんな出版業界を象徴するお店。一見さんお断りだったり、業界人ばかりで場違いになりそうだったり……と敷居が高く、一歩踏み込みづらいイメージを持っている方も多いはず。そんなイメージを払拭(ふっしょく)したいとの願いから、「日本一敷居が低い」というテーマを設けたのだとか。今ではテーマどおり、本好き、作家・ライター志望、出版志望の方たちが気軽に集まり、交流を図れる場所として愛されています。

ここでしか味わえない! おすすめメニュー紹介

文壇家が集まるカフェとあり、注目のドリンクメニューには金粉を浮かべた「印税生活」や、コーヒーリキュールとエナジードリンクが眠気に効く「締切前夜」など、文壇家に絡めたユニークなオリジナルカクテルをラインアップ。そのほかにも、ビールやウイスキー、焼酎、ワイン、日本酒をはじめ50種類以上のお酒を取りそろえています。

また、「またたび焼酎」も見逃せない一品。度数35度と強めのお酒なので、猫のように腰をぬかさないように要注意。ワイルドな風味とまろやかさの両方を秘めた不思議な味わいは、一度試してみる価値があるかも?

「印税生活」は、文壇バーらしくゴージャスなイメージに。コアントローで割ったラムに、金粉がかかっています。

「印税生活」は、文壇バーらしくゴージャスなイメージに。コアントローで割ったラムに、金粉がかかっています。

カルーアをエナジードリンクで割った「締切前夜」。お疲れの方は、ぜひ一度ご賞味あれ♪

カルーアをエナジードリンクで割った「締切前夜」。お疲れの方は、ぜひ一度ご賞味あれ♪

またたび焼酎で猫のように酔っ払っちゃうかも!

またたび焼酎で猫のように酔っ払っちゃうかも!

今後は、猫にちなんだ「ネコ文学賞」の開催を検討しているなど、さらに目が離せない同店。本物の猫はいませんが、たまにスタッフさんが飼い猫を連れてくるサプライズもあるとか。新宿の喧騒の片隅で、おいしいお酒と猫文学に酔いしれてみてはいかがでしょうか。

■ネコ文壇バー 月に吠える
東京都新宿区新宿3-6-11 第1玉屋ビル3階A号室
03-3226-1267
営業時間 : 19: 00~24:00 (日祝休み)
料金 : チャージ500円、ドリンク600円~
URL : https://www.facebook.com/nekobundanbar/

次回の「猫好きのためのおでかけ情報」は、2/17(水)更新予定です。お楽しみに!

(さとうまほ/Pistachio)

お役立ち情報[PR]