お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

女子目線でぶった斬り! 働くオトコの「残念なスーツの着こなし」4パターン

ファナティック

スーツスーツ姿がビシッと決まっている男性は、仕事ができそうに見えて素敵ですよね。ですが、中にはもう少し着こなしを勉強すべきだと感じる人もいます。あまり好感を持てない男性のスーツの着こなしについて、働く女性のみなさんに聞いてみました。

清潔感が大切なポイント

・「アイロンをかけていないシワシワのもの。靴底の減りがすさまじいものと合わせているのを見たときに残念だと思う」(28歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「汚れたスーツを着ていた」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

スーツは毎日洗濯をするわけにはいきません。ですが、ビジネスシーンにおいては清潔感が第一。清潔感がないスーツでは見た目の印象が悪いだけではなく、信頼感まで損ねてしまうこともあるかもしれませんね。

ちゃんと試着してますか?

・「パツパツのスーツは見ていてこちらが苦しいときも」(33歳/その他/クリエイティブ職)

・「パツパツでダボダボでだらしない着こなし。とにかくサイズが合っていないのは印象がよくない」(27歳/電機/事務系専門職)

近年は細身のスーツが流行しているようですが、あまりにも体にフィットしたデザインは見る側に窮屈な印象を与えてしまいます。逆にいくら動きやすくてもダボダボのスーツも洗練されていないように見えます。スーツはサイズ感が重要なのです。

ネクタイも重要なポイント

・「ネクタイの色が変。学生のときの? というようなセンスの悪いネクタイはちょっと何故かと思う」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「けっこう視線を集めるようなネクタイをしている方がいた。ほかのシャツやスーツなどはまともなのに、それにすごい意識がいってしまう」(30歳/その他/専門職)

場合によってはスーツ本体の印象もガラリと変えてしまうネクタイ。色や質感など、着こなしの技が問われる重要なポイントです。選び慣れていない人だと一発でわかってしまうようなネクタイではどんなにスーツが素敵でも残念な結果になってしまいます。

個性の主張もほどほどに

・「普通のサラリーマンで営業職の人が、ホスト風のストライプのスーツを着ていたとき」(26歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「チェック柄のスーツに派手色のネクタイなど、かっこいいけど、ちょっとかっこつけすぎかなと思った」(28歳/自動車関連/営業職)

カジュアルなスーツも多く出回っていますが、奇抜なスーツが似合う人はそう多くはありません。おしゃれ紳士服の店員さんの着こなしは相当難易度が高いもの。まずはプレーンな着こなしを身に着けたいところですね。

女性のみなさんから、細かい指摘が多数あげられました。汚れやニオイはもちろんのこと、流行を追いかけているだけで本人に似合っていない着こなしも考えものです。そしてこれは男性に限ってことではありません。働く、いち大人としてTPOに合った自分に似合う着こなしを意識することを常日頃から心がけたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数159件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]