お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

この季節ならではの演出に感動! 「春のブライダルアイディア集」

ファナティック

春のブライダルシーズンがやってきました。この春に結婚式を予定している女性もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで今回は女性のみなさんに、春ならではの演出や、季節を感じる工夫など、さまざまなアイディアをお聞きしました。

■春のお花で演出

・「春になっていく季節だから結婚式では一斉に花が咲くっていうコンセプト。新郎新婦の入場のために扉が開いたら花びらが新婦たちの後ろからぶわーって。客席もあちこちに春の花をあしらう。ブライダルフェア特典で花の首飾りなど使用し、記念写真も花の香りのするしおりなどつける」(32歳/その他/その他)

・「春のお花を、ドレスにあしらったり、お天気がよければ、ガーデンウェディングがよい」(33歳/建設・土木/事務系専門職)

・「春の花が一面に敷かれた会場で結婚式を行う」(30歳/小売店/事務系専門職)

・「春らしさを感じる花での玄関演出」(30歳/医療・福祉/専門職)

春は暖かくなってきていろいろな花が咲いたり、新しい芽が出たりといったシーズンです。そのため、春ならではのお花を使ったブライダルも演出としては、季節感も出せますし華やかですし、効果的なものになりますよね。

■桜を使った演出

・「桜のブーケ、桜のティアラ」(24歳/その他/その他)

・「桜の花のフラワーシャワー」(29歳/学校・教育関連/その他)

・「桜の花びらをちりばめたり、淡いピンクを使ったカーテンだとか小物だとかを使用する」(25歳/商社・卸/クリエイティブ職)

・「桜の舞う中での結婚式なんてロマンチックだろうなと思いました。お花見風結婚式も楽しそうです。自分は11月に結婚式をあげたので、自身の経験ではありませんが、私は桜が好きです」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

春と言えば、多くの人が桜をイメージすると思います。その桜を使った演出は春らしさを前面に押し出した華やかなブライダルとなりますよね。

■パステルカラーで演出

・「お花やテーブルクロスの色合いを春らしいパステル調にする」(28歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「パステルカラーで参列してもらってカラフルな色にする。桜の樹の下で前撮り」(30歳/その他/その他)

・「パステルカラーのお花を多用する」(28歳/ソフトウェア/事務系専門職)

春を色で表現するとなると、少し淡い感じのパステルカラーといった感じになりますよね。パステルカラーを使うことで、より春らしさを演出できることになるでしょう。

■その他

・「ガーデンウエディング、受付までの通路などにウェルカムメッセージを個人個人へ向けて書いたものをつるす」(33歳/建設・土木/その他)

・「デザートがブッフェ形式だったが、桜など春の花を意識したものが複数あった」(33歳/情報・IT/技術職)

・「テーブル装花に春らしさ。テーマがピンク」(32歳/その他/その他)

春は新緑の季節ですからガーデンウエディングや、春らしさを演出しやすいピンクやパステルカラーといったような色使いのものが好まれているようです。

春らしさといえば、やはり桜やその色であるピンク色といったものが好まれる傾向にあります。また、新緑の季節ということもあり、緑をテーマにしたブライダルも多く目にします。全体的にあまり派手になり過ぎず、淡い色使いの装飾が好まれているようです。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2016年1月にWebアンケート。有効回答数405件(22~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]