お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

彼or婚約者が突然リストラされて無職になったら、予定通り結婚する? しない?

ファナティック

結婚するなら、やっぱり安定した生活を誰もが望むもの。でも、もし婚約はしていないものの、結婚を考えていた彼や婚約者がいきなりリストラされてしまって無職になったら、あなたならどうしますか? 働く女性に、聞いてみました。

■再就職できそうなら

・「相手の社会力による。すぐに職が見つかりそうなら結婚する」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「再就職できそうな見込みがあれば結婚する。同じ人は2度といないから」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「再就職できる見込みや能力があればする。なければ苦労しそうだからしません」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

すぐに再就職できそうなら、そのまま結婚しても問題ないかもしれませんね。結婚相手が社会的に有能な人であれば、すぐに探すことは可能かもしれません。ただし、確証がない場合は気をつけたほうがいいかも。

■自分が働く

・「結婚すると思います。まずは自分で稼げばいいので」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「結婚する。しばらくは私の収入でやっていけるし、リストラされてもすぐに仕事を見つけられるような有能な人としか結婚する気がないから」(26歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「結婚する。また就職できると思うし、自分が働けばいいのであまり気にしない」(34歳/学校・教育関連/専門職)

最近では女性も共働きをするのが一般的になっているため、リストラされたとしても、自分の収入でしばらくはやっていけるものです。とはいえ、やはり早めに再就職を見つけてほしいものですよね。

■経済力がないと無理

・「結婚しない。お金がない人とは結婚は無理なので」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「次の予定があればいいけど、ないなら結婚しない。経済力重視だから」(25歳/情報・IT/技術職)

・「うーん、すぐに婚約破棄です。経済力は絶対条件です」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

男性のほうの経済力がないのであれば、結婚は厳しいと考える人も少なくありません。自分が働いているにしても、やはり男性が稼いでほしいと思うのが本音ではないでしょうか。

■再就職してから結婚する

・「結婚を延ばす。職が安定するまでは責任が持てないので、結婚したくないから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「再就職が決まってから結婚するかもしれない。結婚したら彼がプレッシャーを感じてしまいそうだから」(34歳/その他/その他)

・「仕事が決まってから結婚する。生活していけないと困るから」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

相手の再就職が決まるまで、結婚を延期するという意見も多いようです。もしも相手の仕事がすぐに決まらなければ、結婚早々、不安だらけで穏やかな生活はできなさそうですし。

■まとめ

彼がリストラされた場合、経済的なことを考えて不安になるのならば、結婚は延期したほうがいいのかも。彼にプレッシャーを与えることになってしまうかもしれないので、余裕ができたタイミングでという声も挙がりました。なかには「自分が働く」という意見もありましたが、やはり男性の経済力は、結婚にとって大きな決め手といえそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年1月6日~1月22日
調査人数:215人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]