お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

気がついたら遊んでた!? 「私ってチャラいかも」と思う瞬間4つ

成瀬瑛理子

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

「この人チャラいな」と感じるのはどんな特徴のある人でしょうか。自分のクセには自分で気がつけないのと同様に、知らず知らずのうちに自分自身がチャラくなっているかもしれません。働く女子に、自分のことを「チャラいかも……」と感じた出来事を聞きました。

■履歴が男性ばかり

「LINEのトーク履歴画面を横目で見た友人に、『男の人ばっかじゃん!』と突っ込まれた。言われてみれば女子の名前が全然ないし、『私って実はチャラいのかな』と思った」(28歳/金融)

単純に男友だちが多いだけかもしれませんが、あまりにも男女比が偏りすぎていたら「チャラい」と思ってしまうかも。

■失恋したそばからデート三昧

「失恋後、彼のことを忘れるためにいろいろな人とデートをしていた。ふと、毎日ちがう男性と会っている状況を『彼氏と別れて遊びまくってる人みたいでは!?』と思った」(26歳/小売)

彼を忘れたい一心での行動ゆえ、見方を変えれば一途な気持ちの表れなのかもしれませんが……。

■合コンをハシゴするようになった

「『そろそろ結婚を前提とした彼氏を作らなければ』と焦り出し、婚活をはじめた。出会いは多いほうがいいはず、と複数の合コンをハシゴする毎日……。なんだか遊んでいる人みたい」(27歳/広告)

本人は真剣な交際を求めていたつもりでも、合コンばかりの生活を振り返ったときに「あれ!?」と思うのかもしれません。

■まわりがチャラい

「私が仲のいい子たちは、夜遊びが大好き。なかには彼氏がいるのに平気で浮気している子も……。『本当にみんなチャラいな(笑)』と思っていたけど、そんな子たちとばかり遊んでいる私も同じような気がしてきた」(27歳/広告)

「類は友を呼ぶ」という言葉もありますし、まわりからは友人もあなたも同じような印象を持たれているかもしれませんね。

本人は真面目なつもりでも、ハタから見たら遊んでいると誤解されそうな行動を取っているときは意外とあるもの。そのことに気づくと、「もしかして自分ってチャラいのでは……」と感じるようです。誤解はされないようにしたいものですね。

※画像はイメージです

(成瀬瑛理子/プレスラボ)

お役立ち情報[PR]