お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「刺激的な女性」VS「心が休まる女性」、好みはどっち? 9割の男性が選んだのは……

ファナティック

一緒にいて常に刺激をもらえる女性と一緒にいて心が休まる女性、男性に人気なのはどちらのタイプなのでしょうか? 社会人男性に聞きました。

Q.刺激的な女性と心が休まる女性、どちらが好みですか?

 「刺激的な女性」……10.4%
 「心が休まる女性」……89.6%

圧倒的に「心が休まる女性」を支持する声が多いですね。しかし、10人に1人程度の男性は「刺激的な女性」を求めているそうです。では、それぞれの回答を選んだ理由を見てみましょう。

<「刺激的な女性」派の意見>

■刺激がほしい

・「刺激を求めているから」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「常に刺激を受けて生きていきたいから」(34歳/機械・精密機器/技術職)

「刺激を受けて互いに成長したい!」と考えている男性にとっては刺激的な女性のほうがよさそうです。

■充実した時間を過ごしたい

・「いつも一緒にいて笑いがたえない生活をしたいから」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「わくわくするから」(30歳/機械・精密機器/技術職)

刺激的な女性は、感情を刺激するということ。「おもしろい」「わくわくする」という気持ちにさせてくれる女性と付き合えば楽しいでしょうね。

では次に、「心が休まる女性」と回答した多数派の意見を見ていきましょう。

<「心が休まる女性」派の意見>

■落ち着きたい……

・「一緒にいて落ち着ける存在であってほしいから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「一緒にいるときは落ち着いた気持ちになりたいから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「刺激は職場で嫌でももらっているので、プライベートでは安らぎたい」(33歳/学校・教育関連/専門職)

毎日職場などでしっかり刺激を受け、ボロボロになって帰ってくるような人にとっては、心休まる女性がいいですね。プライベートでも刺激を受けたら、心が安まるときがありません。

■刺激はいらない

・「刺激的な女性に騙されたことがある」(33歳/通信/事務系専門職)

・「刺激は年とともにいらなくなってきた」(30歳/医療・福祉/専門職)

刺激的な女性と付き合って痛い目を見たことがあれば、心休まる女性を求めてしまうもの。また、年を経るごとに「刺激はいらない」という心境になるというのもわかる気がしますね。

<まとめ>

若いころは「刺激的な女性」を求めていたけれど、年を重ねてからは「心が休まる女性」のほうがいいという男性もいるかもしれませんね。あなたは、刺激的な男性と心が休まる男性だったらどちらの男性がタイプですか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数106件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]