お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

たまには彼と思いっきり楽しんで! 思わず「童心にかえってしまう」デートのススメ

ファナティック

上質な大人のデートもいいけれど、いつもそれでは疲れてしまいますよね。たまには幼い頃を思い出して見栄を張らずに純粋に楽しさを味わいたいもの。そんなときにオススメの童心に返ることができるデートを、社会人の女性に聞いてみました。

Q.思わず「童心にかえってしまう」デートについて、普段はいかないこんなスポットが盛り上がる、子供向けだと思っていたら楽しめた、彼の意外な一面が見えたなどのエピソードがあれば詳しくお聞かせください。

■いくつになっても楽しめる

・「ディズニーランド。コーヒーカップとかメリーゴーランドに乗ると子供を思い出せるから」(29歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「子供が好きそうなところ。ナンジャタウンはアトラクションもあって盛り上がった」(33歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

テーマパークや遊園地に着くと、なぜか心が躍ってしまいますよね。仕事に追われている毎日とは、流れている空気感がまるで違います。時間を忘れて楽しんでいると、あっという間に閉園時間を迎えてしまった経験がある人も多いのでは?

■冒険気分を味わいたいなら

・「観光地の鍾乳洞。冒険気分になったみたいではしゃいでいた」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「宝探しゲームができる場所。子供の頃のワクワク感を思い出してつい夢中になるので」(28歳/機械・精密機器/技術職)

自然が作り出した洞窟や鍾乳洞は、心の中に眠っていた冒険心がくすぐられる場所です。季節を感じさせない特異な空間は、この先に何があるのだろうという好奇心をかきたてられます。冒険したくてもなかなかできないのが大人の世界ですから……。

■かわいい動物たちに会える場所

・「動物園。日頃見ない動物を見ると感動する」(30歳/ソフトウェア/秘書・アシスタント職)

・「水族館は大人になってから行っても楽しかった」(29歳/金融・証券/営業職)

「世界にはこんな動物もいるんだ」と図鑑を食い入るように見ていた当時に戻れる場所です。近年は動物園や水族館の展示方法が多様化し、そのスポットごとの特徴が色濃くなってきています。昔行った動物園でも、子どもの頃とはまた違った感動を得られるでしょう。

■小銭で買える夢がある

・「駄菓子屋さんに行くと懐かしのお菓子を見て盛り上がれる」(32歳/金融・証券/営業職)

・「15分100円でゲームし放題。久々に行ったらおもしろかった」(30歳/医療・福祉/専門職)

幼い頃、少ない小銭を握りしめて向かった場所。少子化や大型スーパーの出店に伴い、駄菓子屋さんも姿を消しつつあります。今でも元気にがんばっている駄菓子屋さんを見たら足を踏み入れてみましょう。懐かしい気分に浸れるはずです。

■まとめ

大人の世界は見栄や体裁、損得勘定など、純粋なだけではやっていけないことが多々あります。そんな世界で生きているからこそ、時には童心に返って純粋に目の前のことを楽しむ時間も必要なのです。たまには彼と一緒に幼い頃の二人にタイムスリップしてみませんか?

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数186件(22歳~34歳の働く女性)
※画像はイメージです

お役立ち情報[PR]