お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【追い込み女子の実態】彼の育った環境をチェック!? 彼氏の家族に会いたい女性は48.1%

森もり子

なかなか返事をくれない彼氏をつい追い詰めてしまう、そんな「追い込み女子」。こんな気持ちにリアルに共感してしまう女子は多いはず。悲喜こもごもな「追い込み女子」の実態を、累計19万DL超の大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

彼との付き合いが深くなってくると、気になるのが彼の家族の存在。どんな家族なのか、会って自分の目で確かめたいという人もいるでしょう。彼氏の家族と会うことについて、働く女性に聞いてみました。

「彼氏の家族に会ったときのエピソード」※イラスト:森もり子、書き下ろし

Q.あなたは、彼氏の家族に会ってみたいと思いますか?

「思う」……48.1%
「思わない」……51.9%

半数近くの女性が、彼氏の家族に会ってみたいと思うと回答しました。それぞれの理由と、実際に彼氏の家族に会ったときのエピソードを聞いてみました。

<「思う」と回答した女性の意見>

■興味があるから

・「家族を知ることで彼のことをもっと深く知れるから」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「(家族の)容姿や性格に興味があるので」(24歳/その他/事務系専門職)

単純に彼氏の家族に興味がある場合と、彼氏の人となりをよく知るためにも会ってみたいという場合があるようです。彼がどのような環境で育ったかを知ることで、今まで理解しがたかった彼の言動も合点がいくかもしれません。

■結婚を見据えた付き合いだから

・「結婚するなら家族との相性も大事だから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「その人がどんな人かわかるし、真剣に将来を考えていそうだから」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

やはり結婚の文字が頭をよぎると、会いたいというよりも会うべきという気持ちが強くなるようです。もしかしたら自分が嫁として家族になるかもしれないと思えば、会って確かめたくなるのは当然かもしれません。

<「思わない」と回答した女性の意見>

■まだ時期ではないから

・「まだいいかなと思ってしまう」(32歳/その他/事務系専門職)

・「結婚をするなら紹介してもらいたいけど、わざわざ普通のときに会いたいとは思わない」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

まだ2人の間で結婚を決めていない段階で会う必要はないという意見です。気持ちが固まっていないのに会いに行っても、どうなるかわからない先のことに期待させてしまうかも。お互いに気持ちの準備ができてから会うのが賢明かもしれませんね。

■苦手だから

・「親戚関係は苦手」(28歳/情報・IT/営業職)

・「家族との交流が苦手なため」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

彼氏の家族に対して、慣れないと素の自分で接するのはかなり難しいもの。気づかいは必須になりますよね。

<実際に彼氏の家族に会ったときのエピソード>

・「とってもウェルカムでやさしかった。裏表のなさそうな家族だった。そこで結婚を決めた」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「彼氏の妹と気が合い仲よくなった」(24歳/その他/事務系専門職)

・「親戚のご飯にお呼ばれ。何を話していいのかわからないし緊張した」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

・「妹がすごい非常識で彼への愛情も冷めそうになった」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「挨拶もろくにできず気まずい空気」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

やさしい家族でよかったというエピソードから、気まずい雰囲気のものまでさまざまでした。

彼氏の家族に会うのには、明確な目標があったほうがいいかもしれません。温かく迎え入れてもらえるといいのですが……。2人とその家族のしかるべきタイミングを間違えないことが、円満な関係を築く秘訣かもしれませんね。

(ファナティック)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数161件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]