お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

スリルとハプニングが満載!? 社内恋愛をしたら、まわりにオープンにしたい?⇒92%の女子は……

社内恋愛、その言葉だけで甘美な響きさえする気がするのは気のせいでしょうか。社外の恋愛とは異なり、何かとハードルがありそうな印象の社内恋愛。しがらみが多そうな、その恋愛に落ちてしまった場合、あなたは関係をオープンにする? それとも隠し通す?

Q.社内恋愛をした場合、そのことをまわりにオープンにしたい?

 「オープンにしたい」……7.9%
 「隠したい」……92.1%

隠したいほうが圧倒的に多いようですね。メリットとデメリットを書き出しても、こればかりは自分だけのことではないので判断が難しい! それぞれを選んだ理由を見てみましょう。

【オープンにしたい派の意見】

■女性にはメリットがある!

・「絶対ばれると思う」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「余計な浮気を疑いたくないから、公にして周囲にも釘を刺したいから」(29歳/機械・精密機器/技術職)
・「隠す必要がなければオープンにする」(32歳/金融・証券/営業職)
・「ほかの人に取られたくないから」(31歳/商社・卸/事務系専門職)

「支援者がほしいから」など、この恋愛を絶対的なものにするためにオープンにしたいようです。「こそこそするのはめんどくさいから」と隠すのも手間を考える方もいるようです。社会人になると出会いの場が少なくなるので、会社も立派な婚活の場ですよね。

【隠したい派の意見】

■仕事とプライベートは別

・「少なからず仕事に影響を及ぼしてくると思うから」(32歳/不動産/専門職)
・「まわりもお互いも仕事をしにくいと思うから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)
・「もし別れた時、めんどくさそうだから」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「ひやかされたくないので隠したい」(30歳/人材派遣・人材紹介/秘書・アシスタント職)

「目立つ」「浮ついてしまうから」「関係ないことで持ち出されたりしたら困る」と業務に支障を来すと考える方が多いようですね。オープンにしていたら、別れた時に業務どころか人間関係にも支障が出そうですよね。2次被害は最小限にとどめたい!

■秘密の恋こそ燃える

・「まわりに色眼鏡で見られたくないから」(28歳/ソフトウェア/技術職)
・「オープンにすると仕事がしにくいし、まわりにも気を使わせるから」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)
・「噂されるのが嫌だから」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)
・「こっそりのほうがより楽しめそうだから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

人間の本能、秘め事に燃えることもひとつの要因のよう。「秘密のほうがいい」「いいことないから」と総体的に見て判断しているようですね。フラットに仕事を評価されるには秘密のほうがベターかもしれませんね。

■まとめ

オフィスでオープンにするのとは異なりますが、Facebookの交際中ステイタスを公にしているほうが、長続きするとアメリカの大学の調査が記事になっていましたよね。オープンにすることはメリットデメリットさまざまありますが、相手に誠意を示したいなら関係を公にすることが1番かも?

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年11月にWebアンケート。有効回答数178件(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]