お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

イラッとしたときどうしてる? 上司にムカついたときの賢い対処法4つ

船橋麻貴

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

忙しく働いている中で、時には上司に対してイラッとすることもあるもの。そんなときにはどうやって対処しているのでしょうか。上司への怒りを抑える方法を働く女子に聞きました。

■沈黙

「納得のいかない理由で注意をされたときは、とにかく静かにしています。カッとなって言い返しても仕方がないので、とにかく自分の感情が落ち着くまで沈黙」(31歳/IT)

感情的になると、思ってもみないようなことを言ってしまうこともあるもの。冷静になるまでは無言を貫くのも手です。

■外出をしてクールダウン

「納得できないときはその場で言い返したいところですが、ひとまず外の空気を吸いにコンビニに行きます。頭を整理してクールダウンしてから、上司と話し合います」(33歳/メーカー)

勢いで反論すると感情論で終わりかねません。いったん頭を冷やすのが大人な対応なのかもしれません。

■上司をいい気分に

「私が仕事でミスをすると、いつまでも嫌味を言われます……。そんなときはあえて『仕事のできる○○さんみたいになりたいです』って返すようにしています。そうすると仕事をていねいに教えてくれるようになりました(笑)」(28歳/広告)

仕事を円滑に進めるために、ときには相手を持ち上げることも必要かも?

■話を聞くふり

「上司に怒られているとき、真面目に聞くと頭に来ちゃうので話半分で聞くようにしている。もちろんちゃんと反省はしています!」(26歳/小売)

怒られているときに上の空では問題ですが、イライラを防ぐためには話を半分にして聞くくらいがちょうどいいときもあるかもしれません。

イラッとしたときに、それを顔に出してしまうのは考えもの。あくまでも社会人として大人な対応を取りたいところです。もちろん、怒られたときはきちんと反省して次に生かしましょう。

※画像はイメージです

(船橋麻貴+プレスラボ)

お役立ち情報[PR]